ロケシルおすすめの動画配信サービス11社を紹介

ファン必見!映画「下妻物語」の下妻と代官山のロケ地6選を紹介

「下妻物語」とは、CM出身の中島哲也監督が初監督した作品です。

深田恭子と土屋アンナがダブル主演の一風変わったヒューマンドラマ、バディムービーです。

映画「下妻物語」
引用:映画.com

下妻物語は、嶽本野ばらによる小説を映画化した作品。

茨城県下妻に住む高校生の桃子(深田恭子)は、同じく高校生のイチゴ(土屋アンナ)と出会います。

桃子は18世紀イタリアロココ時代に憧れるロリータファッションをしている女の子で、イチゴは暴走族に所属するヤンキーファッションの女の子です。

二人の交流を通して描かれる友情物語となっています。

主人公二人の魅力と友情が描かれ、舞台の茨城県下妻も主役の一つです。

東京都の代官山に行くシーンもありますが、大半は下妻が舞台となりロケで撮影されています。

今回は下妻物語のロケ地6つをご紹介していきます。

ぜひ訪れる際の参考にして下さい。

下妻物語のロケ地・撮影地1「下妻駅」

撮影されたシーン

下妻駅は劇中、深田恭子演じる桃子が代官山へ服を買いに行くために利用します。

桃子が駅で電車を待つ際に、待合室のTVに妄想で桃子の生い立ちが写し出されるシーンがあります。

また中盤、土屋アンナ演じるイチゴと桃子が代官山でけんかをして下妻駅に帰ります。

駅の待合室で和解するシーンでも登場します。

このロケ地の見どころ

下妻駅の外観

撮影が行われたのは関東鉄道常磐線下妻駅。

劇中の桃子のように関東鉄道常磐線を利用して代官山に実際に行くことも可能です。

下妻駅ホーム

嗜好するファッションがロリータファッションであれば桃子、ヤンキーファッションであればイチゴになりますが、いずれかのファッションをすれば下妻物語の登場人物の気分が味わえます。

また、下妻駅の周辺には砂沼広域公園があります。

下妻駅から徒歩15分で行くことができ、砂沼湖を中心とした広大な自然とスポーツが楽しめる公園です。

他にも、下妻駅から近くに市指定文化財の多賀谷城本丸跡公園もあり、徒歩10分程で行くことができます。

場所・アクセス


関東鉄道常磐線の下妻駅は、下妻市の代表的な駅となります。

下妻駅から東京駅への所要時間は1時間30分程です。

代官山駅へは1時間50分程かかります。

駅から路線バスが出ているため、駅から別の場所に向かう際は利用できます。

  • 住所:〒304-0067 茨城県下妻市下妻乙
  • 営業時間:平日6:00~19:00、土休日8:00~17:00
  • おすすめの行き方:電車 
  • 公式サイト:下妻駅

下妻物語のロケ地・撮影地2「MR.FRIENDLY Cafe」

撮影されたシーン

撮影が行われたのは代官山のカフェMR.FRIENDLY Cafeです。

ロリータファッション店BABY THE STARS SHINE BRIGHTに行った後、桃子とイチゴは代官山で伝説の刺繍屋を探し、さまよいます。

一向に見つからず探し疲れ、諦めてふてくされた桃子がMR.FRIENDLY Cafeの前の屋外席に座りこみます。

また、このMR.FRIENDLY Cafeの前でイチゴがコンビニで買い物をしていた映画評論家の水野晴夫を見た話をします。

あきれた桃子が怒って下妻に帰ってしまうのが印象的です。

撮影は店の前だけのシーンですが、おしゃれな外装と作品の世界はマッチしています。

このロケ地の見どころ

MR.FRIENDLY Cafeの外観

MR.FRIENDLY Cafeはおしゃれな街、代官山のおしゃれなカフェです。

統一されたおしゃれなコンセプトが外装、内装に反映されています。

MR.FRIENDLY Cafe 外から見た店内の様子

MR.FRIENDLY Cafeではコーヒーと人型のホットケーキが楽しめます。

人型のホットケーキは店のシンボル的な存在です。

グッズショップも中にあり、店のコンセプトが反映されたグッズを買うことができます。
 

場所・アクセス

 
MR.FRIENDLY Cafeの最寄り駅は、東急東横線代官山駅です。

駅から徒歩5分の場所にあります。

また、JR日比谷地下鉄線からも徒歩10分で行くことができます。

周囲には多くのアパレルショップが立ち並びますので、ロケ地巡りをしながらショッピングもいいですね。

  • 住所:〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西2丁目18−6 SPビル 1F
  • 営業時間:11:00~20:00
  • 休業日:年中無休(年末年始のみ休業)
  • 最寄駅:東急東横線 代官山駅
  • おすすめの行き方:電車
  • 公式サイト:MR.FRIENDLY Cafe

下妻物語のロケ地・撮影地3「ジャスコ下妻店(現在はイオンモール)」

撮影されたシーン

桃子は自宅から下妻駅まで歩いて行く途中でジャスコ下妻店の横を通ります。

桃子の語りで、街の人々が皆ジャスコを利用している事が語られます。

他にも、荒川良々が演じる八百屋と八百屋の客の主婦たちが、ジャスコで買った衣服をCM調で紹介します。

また、イチゴもジャスコで衣服を買っています。

このロケ地の見どころ

現イオンモール下妻の外観

撮影されたのは、ジャスコ(現在は、イオンモール)下妻。

ジャスコ下妻店は敷地面積の広いショッピングモールで、イベントも定期的に開催されます。
 
イオンモール下妻を後ろにして国道408号線沿い、SUZUKI自販茨城の前に立てば、桃子が下妻駅まで歩いて行くシーンの再現ができます。

場所・アクセス


ジャスコ下妻店は、関東鉄道常磐線下妻駅から出るバスで、10分ほどで行くことが可能です。

下妻駅から出るバスは、下妻市コミュニティバス「シモンちゃんバス」です。

シモンちゃんバスはビアスパークしもつま、砂沼サンビーチ、下妻駅、イオンモール下妻、小貝川ふれあい公園を運行するバスです。

イオンモール下妻の近くには、自然豊かな小貝川ふれあい公園が徒歩5分の場所にあります。

  • 住所:〒304-0033 茨城県下妻市堀篭972−1
  • 営業時間:8:00~24:00
  • 最寄駅:関東鉄道常磐線 下妻駅
  • おすすめの行き方:バス、車
  • 公式サイト:ジャスコ下妻店
1 2