ロケシルおすすめの動画配信サービス11社を紹介

神奈川・三浦市に降臨!ドラマ「泣くな、はらちゃん」のロケ地を紹介

テレビドラマ「泣くな、はらちゃん」は、岡田恵和のオリジナル脚本により2013年に公開されました。

テレビドラマ「泣くな、はらちゃん」

かまぼこ工場「ふなまる水産」で働く独身女性の越前さん(麻生久美子)は、日々の鬱憤や思いをオリジナルの漫画にして、1冊のノートに描いていました。

ある日、ノートが現実で受けた衝撃をきっかけに、物語の主人公・はらちゃん(長瀬智也)が現実世界に飛び出してしまいます。

自分たちと、自分たちを描く”神様”こと越前さんが幸せになるために、はらちゃんが見ず知らずの世界・日本で奮闘する物語です。

筆者も放映当時、漫画の世界しか知らなかったはらちゃんが、私たちの日々の”当たり前”を疑問に感じる様子を見て、胸を打たれることが多々ありました。

そんなはらちゃんが出会う未知の世界・日本でのロケ地をご紹介していきます!

泣くな、はらちゃんのロケ地・撮影地1「横須賀市東部漁業協同組合 鴨居支所」

撮影されたシーン

越前さんが勤めていたふなまる水産は「横須賀市東部漁業協同組合 鴨居支所」で撮影されました。

現実で越前さんに恋をする田中くん(丸山隆平)や、その田中くんに密かに思いを寄せる清美(忽那汐里)など、様々な人々のやり取りがあった場所です。

このロケ地の見どころ

「横須賀市東部漁業協同組合 鴨居支所」は、神奈川県横須賀市にあります。

比較的小規模の静かな港で、昔ながらの田舎の港町の景色が楽しめます。


撮影に使用されたのは「鴨居支所」ですが、この周辺には同じ系列の組合の支所が数多くあり、日本の魚市場を支えています。

鴨居支所から車で15分ほどの距離にある「横須賀市東部漁業協同組合 本所」では、組合一帯でとれた新鮮な魚介類の直売所があります。

地元民や時折バスツアーでの観光客なども訪れるほど人気ですので、ぜひ合わせて訪れてみてください。

場所・アクセス


「横須賀市東部漁業協同組合 鴨居支所」は、浦和ICより車で約10分ほどの距離にあります。

または、京急バス「脇方」駅より徒歩1分で到着できます。

劇中では田中くんとはらちゃんがよく車で周囲をまわっていたため、車で訪れると2人と一緒にいるような気持ちになれそうですね!

  • 住所:〒239-0813 神奈川県横須賀市鴨居2-31
  • 最寄駅:京急バス「脇方」駅
  • おすすめの行き方:車

泣くな、はらちゃんのロケ地・撮影地2「海南神社」

撮影されたシーン

清美が夜、1人でギターの弾き語りをしていた神社は「海南神社」です。

正式には『初恋は片思い』という曲で、田中くんへの恋心が切なく表現された歌詞とメロディが、頭から離れなかった方も多いのではないでしょうか?

このロケ地の見どころ


「海南神社」は、神奈川県の三崎港の近くに建つ神社です。

ここには三浦七福神の一つ、筌龍弁財天が祀られているとされています。

海の近くにある神社ということもあってか、自分で運を釣る「鮪みくじ」という、簡易の釣りでおみくじが楽しめる、一味違った神社でもあります。

「海南神社」

訪れた際には一度試してみたいですね!

場所・アクセス


海南神社は、神奈川県の三浦市にあります。

京急線「三崎口」駅から「三崎港」行きのバスに乗車し、約20分ほどで「三崎港駅」に到着します。

そして、バス停から徒歩約5分ほどの距離にあります。

通りかかると、清美の歌声が聞こえてくるかもしれませんね!

  • 住所:〒238-0243 神奈川県三浦市三崎4丁目12-11
  • 最寄駅:三崎港駅
  • 営業時間:終日開放 御祈祷、授与所(お神札、お守り等)8:00頃~17:00頃
  • おすすめの行き方:バス
  • 公式サイト:海南神社

泣くな、はらちゃんのロケ地・撮影地3「中華料理 ポパイ」

撮影されたシーン

劇中で何度か登場した食堂は「中華料理 ポパイ(ポパイ食堂)」です。

はらちゃんが犬と初めて遭遇したり、越前さんと訪れたり、様々な場面で登場しています。

このロケ地の見どころ


「中華料理 ポパイ」は、地元の名産である鮪を用いた”鮪ラーメン”が味わえる、一味違った中華料理店です。

とろみのある塩ベースのスープに、トッピングの鮪の挽肉がマッチし、癖がなく挑戦しやすい鮪ラーメンとして支持されています。

中華料理 ポパイのラーメン

カウンター、座敷含め約20席ほどの広さで、赤を基調とした内装は昔ながらの中華料理店らしさを感じます。

場所・アクセス


「中華料理 ポパイ」も「海南神社」と同じく神奈川県の三浦市にあります。

バスにて「三崎港」駅で下車し、三崎商店街の方向へ約5分ほど歩くと到着します。

下記に記載の通り、平日は基本的に夜間の営業のみですのでご注意ください。

  • 住所:〒238-0243 神奈川県三浦市三崎1丁目17-1
  • 営業時間:5pm – 1:30am (※土日/12pm – )
  • 休業日:水曜日
  • 最寄駅:三崎港駅
  • おすすめの行き方:バス

泣くな、はらちゃんのロケ地・撮影地4「長津呂の磯」

撮影されたシーン

清美とマキヒロ(賀来賢人)が出会った場所は「長津呂の磯」です。

マキヒロとの出会いは、清美の生活や価値観に影響を与えていましたよね。

このロケ地の見どころ


「長津呂の磯」は、他のロケ地と同じく三浦市の三崎町にあります。

入り江となっており、夏場は海水浴やバーベキューをしに訪れる人々も多く見受けられます。

夕暮れ時には美しい夕日をのぞむことができるため、夕日を見るために訪れる観光客もいる隠れた名所でもあります。

清美とマキヒロはそんな素敵な場所で出会ったなんて、少しロマンチックですよね!

場所・アクセス


「長津呂の磯」は上記2つのロケ地同様に、「三崎口」駅より京急バスに乗車します。

三崎港を越えて「城ヶ島」駅に下車後、徒歩約5分ほどで到着できます。

近くにはコインパーキングもいくつかありますので、車でのアクセスもおすすめです!

  • 住所:〒238-0237 神奈川県三浦市三崎町684-2
  • 最寄駅:城ヶ島駅
  • おすすめの行き方:車

泣くな、はらちゃんをご覧になりたい方へ

※時期によっては上記のサイトで配信されていない場合がありますのでご注意ください

関連外部リンク

泣くな、はらちゃんのロケ地・撮影地についてのまとめ


「泣くな、はらちゃん」のロケは、珍しく街全体がロケ地として使用されています。

そのため、三浦市・三崎町近辺を歩くだけで、はらちゃんの世界の住民になったような気持ちになれそうです。

この記事を参考にしつつ、はらちゃんのように当てもなく散策してみるのも良いかもしれませんね!