ロケシルおすすめの動画配信サービス11社を紹介

映画「君の名は。」のロケ地7選!大ヒット作の聖地巡礼に出かけよう

「君の名は。」は2016年に公開された、新海誠監督による日本の長編アニメーション映画です。

国内興行収入が250億円にものぼり、当時の日本での歴代興行収入ランキングでは「千と千尋の神隠し」「アナと雪の女王」に続き3位にランクインし、非常に大きな反響を生みました。

映画「君の名は。」

「君の名は。」は、山奥の田舎町で暮らしながら都会での暮らしを夢見る女子高生「宮水三葉」がある日、来世では東京のイケメン男子になりたいと願ってから度々東京暮らしの男子高生の夢を見るようになる、というところから物語は始まっていきます。

その頃東京で暮らしていた男子高校生「立花瀧」もまた、どこかの山奥で暮らす女子高生の夢を見るようになっていくのでした。

本来決して関わることのなかったはずの二人が時空を超えて互いの運命が交わっていく中で、彗星が落下し壊滅してしまう小さな町の住民を救うという壮大なストーリー。

映画「君の名は。」
引用:映画.com

三葉が暮らす田舎町は岐阜県がモデルとなっており、そして瀧が住んでいる東京の風景も実際にあるお店や建物がモデルとなっています。

そこで今回は、「君の名は。」のモデルとなったロケ地を厳選して7ヶ所紹介します!

君の名は。のモデルとなったロケ地・撮影地1「立石公園」

撮影されたシーン

映画内で糸守町にある湖は、諏訪湖がモデル
引用:映画.com

長野県諏訪市・諏訪郡・岡谷市にまたがって位置する諏訪湖は、「君の名は。」のヒロインである宮水三葉が住む糸守町のモデルになっているとされています。

そんな諏訪湖を一望できる最高のスポットが、「立石公園」になります。

このロケ地の見どころ


諏訪湖は、入れ替わった三葉と瀧が場所と時空を超えて出会う感動的なシーンで使われています。

お互いのことを忘れないために手に名前を書き合うシーンは未だにはっきり覚えてる方も多いのではないでしょうか。

そしてまさにそのシーンこそが、「立石公園」から見た諏訪湖と言われています。

立石公園から見た諏訪湖(夜景)
引用:山側

劇中でもなんども出てくる言葉「かたわれどき(日没直後)」の少し前に行くと空の色の変化も楽しめます。

2人が出会う感動が目の前で蘇るかもしれませんね!

場所・アクセス


「立石公園」はJR中央本線の上諏訪駅が最寄りですが、徒歩では30分以上かかる距離にあるためバス利用がおすすめです。

バスは上諏訪駅の西口バス乗り場から出る、かりんちゃんバス東山線を利用してください。

バスには20分ほど乗車してから立石町バス停で下車します。

下車後は、バス停がある交差点に「立石公園」の看板がありますので、それに従って山の方向に歩いていけば10分ほどで到着です。

交差点から公園までは一本道なので迷うことはないと思います。

  • 住所:長野県諏訪市大字上諏訪10399(長野県諏訪市上諏訪立石町)
  • 営業時間:終日開放
  • 休業日:無休
  • 最寄駅:JR中央本線 上諏訪駅
  • おすすめの行き方:上諏訪駅からバス乗車 立石町バス停で下車して徒歩

君の名は。のモデルとなったロケ地・撮影地2「須賀神社男坂」

撮影されたシーン

三葉と瀧が階段で話をするシーン
引用:映画.com

映画のラストシーンやポスターで印象的なこのシーンですが、実は東京都の四ツ谷に実在す「須賀神社男坂」がモデルになっています。

2人がすれ違う最高のシーンに足を運べるのはファンにとってはたまらないですね。

そんな「須賀神社男坂」の行き方、見どころを紹介していきます。

このロケ地の見どころ

上から見た須賀神社男坂
引用:東京坂道さんぽ

「須賀神社男坂」は、東京都の新宿区にあります。

この坂の近くには須賀神社があり、一時期のブームほどではないですが今でも「君の名は。」の聖地巡礼で訪れる人がいるそうです。

下から見た須賀神社男坂
引用:flickr

また、須賀神社自体も創建1634年と歴史があり、災難除け、厄除、五穀豊穣、商売繁盛などの御利益があるとされています。

ロケ地巡りとして「須賀神社男坂」を訪れるならば、併せて須賀神社にも立ち寄ってみてください!

須賀神社
引用:Wikipedia

場所・アクセス


「須賀神社男坂」は、東京メトロの四谷三丁目駅から徒歩8分ほどの場所にあります。

四谷三丁目駅の3番出口を出たら、右方向に向かい四谷二丁目交差点まで進んでください。

交差点で右折して、あとは道なりに進んでいけば突き当りにある階段が「須賀神社男坂」です。

JR利用が便利な方は、四谷駅からも歩いて行ける距離にありますので、そちらも検討してみてくださいね!

  • 住所:〒160-0018 東京都新宿区須賀町5
  • 最寄駅:東京メトロ 四谷三丁目駅
  • おすすめの行き方:東京メトロ 四谷三丁目駅より徒歩
  • 公式サイト:須賀神社

君の名は。のモデルとなったロケ地・撮影地3「飛騨古川駅」

撮影されたシーン

瀧くん一行が三葉を探し出すために、東京から岐阜県の飛騨地方に向かうシーンで使われたのが、「飛騨古川駅」です。

飛騨地方への旅行ついでにぜひ途中下車してロケ地巡りしてみましょう。

このロケ地の見どころ

飛騨古川駅
引用:ニッポン旅マガジン

「飛騨古川駅」は、岐阜県飛驒市の古川町金森町にある、JR東海「高山本線」の駅です。

全体的に木造建築のような作りになっていて、その暖かい雰囲気にどこか懐かしさまで覚えるかもしれませんね。

作中での「飛騨古川駅」は、様々なアングルから使用されています。

線路を一望したい場合には、駅の西側にある跨線橋からの眺めが最高ですので、ぜひそちらから「飛騨古川駅」をみて見てください。

跨線橋からの眺め
引用:トリップアドバイザー

そして、作中で瀧くんが使用したタクシー乗り場も作中と全く同じの光景が実際に広がっています。

また、この飛騨古川周辺には食べ歩きのできる場所や、温泉、歴史、文化などに触れることができるスポットがたくさんあるので、ぜひ聖地巡礼だけでなくそれ以外にも訪問場所を予め決めて行ってみてください!

場所・アクセス


「飛騨高山駅」は名古屋と富山を結ぶJR高山本線の駅のため、名古屋と富山のどちらからでも向かうことが可能です。

特急ひだを利用すれば、富山から向かった場合は1時間、名古屋から向かった場合は2時間半で飛騨高山駅です。

そのため東京方面からの訪問であれば、北陸新幹線で富山まで行って乗り換えるほうが短い時間で到着することができます。

名古屋や大阪などから向かう際には、名古屋から特急利用して訪問してください。

  • 住所:〒509-4225 岐阜県飛騨市古川町金森町8
  • おすすめの行き方:富山駅から特急ひだ利用

君の名は。のモデルとなったロケ地・撮影地4「気多若宮神社」

撮影されたシーン

「気多若宮神社」は、劇中で瀧くんが岐阜に降り立った後に、糸守町の場所を調べるために地元の女性たちに場所を尋ねるシーンで登場します。

このロケ地の見どころ

気多若宮神社
引用:Wikipedia

「気多若宮神社(けたわかみやじんじゃ)」は、古川町の田舎風景を見下ろすことができる大きい神社です。

参道の階段を登り切ると拝殿下の左に巨樹があり、樹齢約450年の大クヌギがあります。

これは御神木の大クヌギで、明治時代に雷が落ちたため折れてしまっていますが、高さが16mほどあり、古川町指定の天然記念物になっています。

神社までの階段
引用:ぎふの旅ガイド

また、鳥居の横の社務所には「君の名は。」に関するポスターや資料が掲載されているようです。

たくさんの杉に囲まれた「気多若宮神社」は、自然のエネルギーを感じることができ、雰囲気もいい場所ですので、ぜひ神社そのものの雰囲気も味わってみてください!

場所・アクセス


「気多若宮神社」は、先に紹介したJR高山本線の飛騨古川駅から徒歩で行ける場所にあります。

飛騨古川駅を出たら、跨線橋を渡って駅の反対側に出てください。

跨線橋は飛騨市文化交流センターの脇に出ますので、そのまま山の方に向かって進んでいき、ひだ薬局の横の道に入って田んぼの間を直進していきます。

しばらく進むと県道473号線にぶつかるので、右折して県道473号に入ります。

250mほど道なりに進んでいけば「気多若宮神社」の大きな鳥居が見えてきますので、そちらをくぐって参拝してみてください。

  • 住所:〒509-4212 岐阜県飛騨市古川町上気多1297
  • 営業時間:終日開放
  • 休業日:無休
  • 最寄駅:JR飛騨古川駅
  • おすすめの行き方:JR飛騨古川駅から徒歩
  • 公式サイト:気多若宮神社


1 2