ロケシルおすすめの動画配信サービス11社を紹介

映画「インセプション」のロケ地はどこ?厳選した5か所を紹介

インセプションは、2010年に公開されたSF映画です。

人が夢を見ている間にその潜在意識に侵入し、アイデアを盗みだすという犯罪のスペシャリストであるコブが、逆にターゲットの潜在意識にあるアイデアを植え付ける「インセプション」というミッションに挑むストーリーです。

映画「インセプション」
引用:映画.com

映画は東京、パリ、ロンドン、ロサンゼルスなど計6か国で撮影されましたが、今回はその中から実際にアクセス可能な場所を中心に、パリとロサンゼルスから5カ所のロケ地を厳選してご紹介します。

インセプションのロケ地・撮影地1「レストランIl Russo(パリ)」

撮影されたシーン

パリの「Café Debussy」でのシーン
引用:facebook

コブは、このミッションのために聡明な大学院生のアリアドネに、夢の世界の設計士という任務を与えます。

そしてコブはアリアドネにパリの「Café Debussy(カフェ ドビュッシー)」で夢の世界の設計について説明します。

パリの街が歪んでいくシーン
引用:映画.com

このロケ地の見どころ


その場所は、作中ではカフェの設定でしたが、現実には「Il Russo」というイタリアンレストランになっています。

お店は違っていても、周辺の景色は作中とあまり変わっていませんので、コブとアリアドネが座っていたテラス席で食事すれば、映画の気分に浸れるはず。

Facebookの公式ページをのぞいてみると、ロケ地目当てに訪れている人が多そうでしたが、食事も高評価のようです。

場所・アクセス


Il Russoは、フランスのパリにあり、地下鉄10号線Segur駅から徒歩3分ほどです。

ペリニョン通りを東に向かって進み、ブシュット通りを右に曲がると左手に見えてきます。

  • 住所:6 Rue César Franck, 75015 Paris, フランス
  • 営業時間:10:00~22:00(月~金)、10:00〜15:00(土)
  • 休業日:日曜日
  • 最寄駅:地下鉄10号線Segur駅
  • おすすめの行き方:地下鉄
  • 公式サイト:Il Russo

インセプションのロケ地・撮影地2「ビル・アケム橋(パリ)」

撮影されたシーン

アリアドネは夢の世界の設計を実践しますが、そこで映し出されるのがビル・アケム橋です。

このロケ地の見どころ

ビル・アケム橋

ビル・アケム橋は2階建ての構造になっており、1階を歩行者が、2階をメトロが通ります。

高架下の柱が印象的で、映画の中ではこの橋の構造がうまく使われています。

また、この橋からはエッフェル塔を眺めることができます。

ビル・アケム橋からはエッフェル塔が見える

場所・アクセス


ビル・アケム橋は、フランスのパリにあり、地下鉄6号線のBir-Hakeim駅、Passy駅いずれからも徒歩3分ほどです。

Passy駅から向かい、ビル・アケム橋を渡ってエッフェル塔方面に向かうルートがおすすめです。

  • 住所:Pont de Bir-Hakeim, 75015 Paris, フランス
  • 最寄駅:地下鉄6号線Bir-Hakeim駅、Passy駅
  • おすすめの行き方:地下鉄
  • 公式サイト:ビル・アケム橋

インセプションのロケ地・撮影地3「ウィルシャーブルバード(ロサンゼルス)」

撮影されたシーン

ロサンゼルスのWilshire Boulevardでのシーン
引用:映画.com

ターゲットの潜在意識の深いレベルにアイディアを植えつけるために、コブとアリアドネたちは3階層にわたる夢の世界をデザインしました。

その第1階層はロサンゼルスの街でした。

そして何度か映る交差点が、ウィルシャーブルバード(Wilshire Boulevard)の交差点です。

このロケ地の見どころ


ウィルシャーブルーバードは、ロサンゼルスの主要な東西幹線道路のひとつであり、西はサンタモニカ、東はロサンゼルスのダウンタウンのグランドアベニューまで伸びています。

映画では、その東端に近い交差点周辺が登場します。

作中では交差点の角にファミリーマートの店舗が映っていたのが印象的でしたが、現在は別の店舗になっているようです。

場所・アクセス


この交差点は、アメリカのロサンゼルスにあり、地下鉄B,D線、路面電車A,E線の7th St駅から徒歩2分ほどです。

ウェスト7thストリートを東に進むとぶつかるサウス・ホープ・ストリートを北東に進むと、次の角がこの交差点です。

  • 住所:701 Wilshire Blvd, Los Angeles,CA 90017 アメリカ合衆国
  • 最寄駅:地下鉄B,D線、路面電車A,E線7th St駅
  • おすすめの行き方:地下鉄、路面電車

インセプションのロケ地・撮影地4「ロサンゼルス水道電力局(ロサンゼルス)」

撮影されたシーン

コブの亡くなった元妻、モルの生家の幻想として何度か登場する泉の中に建つ家は、ロサンゼルス水道電力局(Department Of Water And Power)がロケ地でした。

このロケ地の見どころ


作中の幻想では泉の中に家が建っていましたが、実際に家が建っているわけではなく、その泉はこのビルの周囲を取り囲む大きな水盤でした。

建物はオフィスビルですが、水盤の周辺までは自由に入ることができます。

一部は噴水にもなっていて、夜はライトアップもしているようです。

場所・アクセス


ロサンゼルス水道電力局は、アメリカのロサンゼルスにあり、地下鉄B,D線Civic Center/Grand Park駅から徒歩8分ほどです。

駅を出てウエスト1stストリートを北西に向かって進むと右手にこのビルが見えてきます。

  • 住所:111 N Hope St, Los Angeles, CA 90012 アメリカ合衆国
  • 最寄駅:地下鉄B,D線Civic Center/Grand Park駅
  • おすすめの行き方:地下鉄

インセプションのロケ地・撮影地5「チェスター・ウィリアム・ビルディング(ロサンゼルス)」

撮影されたシーン

モルは生前、コブと夢の世界を行き来したことで、現実世界にいても夢の中にいるという妄想に取りつかれてしまい、夢の中で死ぬことで目を覚まそうと、ビルから飛び降りてしまいます。

そのホテルのロケ地が、ロサンゼルスのチェスター・ウィリアム・ビルディングです。

このロケ地の見どころ


作中ではホテルの1室から飛び降りる設定でしたが、撮影されたチェスター・ウィリアム・ビルディングは実際には人が住むアパートです。

アパートなので中に入ることはできませんが、外観を見るだけでも映画のシーンで出てきた建物と同じであることがわかるかと思います。

また、この建物は映画「セブン」や「フォーン・ブース」などにもロケ地として登場したようですので、映画好きな方には行ってみる価値がありそうです。

場所・アクセス


チェスター・ウィリアム・ビルディングは、アメリカのロサンゼルスにあり、地下鉄B,D線Pershing Square駅から徒歩2分ほどです。

Pershing Square駅は、ウィルシャーブルバード(Wilshire Boulevard)の交差点の最寄り駅である7th St駅と、ロサンゼルス水道電力局の最寄駅であるCivic Center/Grand Park駅の中間でもありますので、ぜひロサンゼルスのロケ地3か所はまとめて訪れてみてください。

  • 住所:215 W 5th St, Los Angeles, CA 90013 アメリカ合衆国
  • 最寄駅:地下鉄B,D線Pershing Square駅
  • おすすめの行き方:地下鉄

インセプションをご覧になりたい方へ


※時期によっては上記のサイトで配信されていない場合がありますのでご注意ください

また、ロケシルおすすめの動画配信サービスも11社一覧で紹介しておりますので、映画やドラマを身漁りたいという方はぜひチェックしてみてください。

動画配信サービス11社を一覧で紹介!比較方法やおすすめランキング付き

外部関連リンク

インセプションのロケ地・撮影地についてのまとめ


いかがでしたか?

この映画は少し難解ですが、独特の世界観で何度も観たくなる映画です。

また、ラストも観る人によって解釈が分かれる仕掛けとなっていますので、この映画について再考察しながら、ロケ地をめぐってみてはいかがでしょうか。