ロケシルおすすめの動画配信サービス11社を紹介

ドラマ「同期のサクラ」ロケ地7ヶ所紹介!撮影地を巡ってサクラの10年を振り返ろう

「同期のサクラ」は、高畑充希の主演で2019年に放送されたドラマです。

このドラマは、主人公のサクラが社会人になってからの10年を1話ごとに1年ずつ描くという手法をとっています。

ドラマ:同期のサクラ
引用:日本テレビ

自分の故郷である離島と本土を結ぶ橋を架けることが夢の北野サクラ(高畑充希)が、同期たちとともに夢に向かって突き進む姿を描いています。

周りに忖度することができず何にでもまっすぐなサクラの姿は、不器用ながらもサクラの同期や周囲の人たちにも伝わっていきます。

そんな「同期のサクラ」のロケ地7ヶ所を紹介します!

同期のサクラのロケ地・撮影地1「キラキラ橘商店街」

撮影されたシーン

ドラマの冒頭で、入社式に向かうサクラが歩く商店街のシーンのロケ地となったのは、「キラキラ橘商店街」です。

この商店街は劇中でたびたび登場しますので、サクラの家はこの商店街の近所なのかもしれませんね。

このロケ地の見どころ

キラキラ橘商店街

「キラキラ橘商店街」は正式名称を向島橘銀座商店街と言い、昭和中期から地元住民に親しまれてきた商店街です。

ここにはコンビニやスーパーマーケット全盛の今の時代においても昔ながらの商店が立ち並んでいて、街を歩けば昭和の時代を感じることができます。

この商店街では、40年近く続く月例の朝市をはじめとして、年に一度の夜市や七夕まつり、不定期開催のつまみ食いウォークなど、さまざまなイベントが開催されています。

劇中でサクラがコロッケを買ったみたいに、お惣菜を買って食べ歩くのもいいですね!

また、人情味あふれるこの商店街は「東京バンドワゴン」や「マルモのおきて」など多くのドラマのロケ地にもなっていますので、ドラマ好きの方にはぜひ訪問してほしい場所です。

場所・アクセス


「キラキラ橘商店街」は、京成押上線の曳舟駅から徒歩8分で行くことができます。

曳舟駅のA1出口を出たら、左に進んでください。

道なりにまっすぐ8分ほど進むと「もつ焼ききくのや」や「一番星美容室」がある交差点に到着します。

その交差点で、これまで進んできた道と交差する通りが「キラキラ橘商店街」です。

ちょうど商店街の真ん中あたりに出ますので、左右どちらに進んでみても人情味あふれるお店の数々が並んでいます。

  • 住所:〒131-0046 東京都墨田区44 京島3丁目43−10
  • 最寄駅:京成押上線 京成曳舟駅
  • おすすめの行き方:京成曳舟駅から徒歩8分
  • 公式サイト:下町人情キラキラ橘商店街

同期のサクラのロケ地・撮影地2「LOVEオブジェクト」

撮影されたシーン

入社式に向かうサクラが、つい足をとめて建物の写真撮影をした場所のロケ地は、「LOVEオブジェクト」です。

田舎から出てきたサクラにとって東京の建物は、魅力的なものばかりだったことでしょう。

このロケ地の見どころ

LOVEオブジェクト

「LOVEオブジェクト」は西新宿の高層ビル群の合間にあるモニュメントで、いつも写真撮影をする人たちがたくさんいます。

この場所で写真撮影をするなら夜がおすすめで、人が少なくなって写真を撮りやすいこともありますが、新宿の高層ビルから照らされる大きなLOVEの文字は素敵な記念になること間違いなしです!

そんな写真映えする「LOVEオブジェクト」は、ロケ地としても多く使用されていて、ドラマ「恋はつづくよどこまでも」では修学旅行に訪れた主人公もこのモニュメントの前で記念写真を撮影しています。

またドラマの中では、サクラはこの場所から特徴的な形のビルに目を奪われています。

そのビルは「コクーンタワー」で、東京モード学園が中に入っていることでも知られています。

コクーンタワー

その名前の通りコクーン(繭)の形をしたこのビルは、LOVEオブジェクトと同じく西新宿のシンボルの一つとして親しまれています。

場所・アクセス


「LOVEオブジェクト」は、東京メトロの西新宿駅のE7出口から徒歩ですぐの距離にあります。

E7出口から地上に上がったら、出口とは反対方向に向かってください。

すぐに大きな交差点がありますので、右折して進んでいくと最初の信号に差し掛かったところで右側にある特徴的なモニュメントが「LOVEオブジェクト」です。

  • 住所:〒160-0023 東京都新宿区西新宿6丁目5−1新宿アイランド
  • 最寄駅:東京メトロ 西新宿駅
  • おすすめの行き方:西新宿駅E7出口から徒歩2分

同期のサクラのロケ地・撮影地3「エム・ベイポイント幕張」

撮影されたシーン

サクラが入社した花村建設は、「エム・ベイポイント幕張」がロケ地となっています。

ここからサクラの社会人生活がスタートし、苦楽を共にする大切な同期と出会うことになります。

このロケ地の見どころ

エム・ベイポイント幕張

「エム・ベイポイント幕張」は一般の企業が入居しているオフィスビルですが、そのロケーションのよさからドラマのロケなどでよく利用されています。

サクラも歩いた正面にある大きな階段では戦隊ヒーローものの撮影も多いので、特撮好きな方にもおすすめのロケ地となっています。

またドラマだけでなく、欅坂46のシングル「二人セゾン」のミュージックビデオ撮影にも使われていますので、訪れる際はそちらもチェックしてみてくださいね。

場所・アクセス


「エム・ベイポイント幕張」は、JR京葉線の海浜幕張駅から徒歩で向かうことができます。

海浜幕張駅の北口を出たら左前方に向かって進んでいくと「海浜幕張駅北口」交差点があります。

その交差点についたら、横断歩道を2回渡り交差点を挟んで対角線上の向かい側まで行ってください。

交差点を渡ったら、あとは北西に延びる「センターストリート」に沿って直進していけば5分ほどで右手に大きな階段が見えてきます。

その階段こそ、ドラマの中でもサクラが入社式に向かうときに通った場所であり、階段を登りきったところにある目の前の大きなビルが「エム・ベイポイント幕張」です。

  • 住所:〒261-0023 千葉県千葉市美浜区中瀬1丁目6
  • 最寄駅:JR京葉線 海浜幕張駅
  • おすすめの行き方:海浜幕張駅から徒歩10分

同期のサクラのロケ地・撮影地4「サンスマイル」

撮影されたシーン

サクラが同期たちと集まる喫茶店リクエストのロケ地は、「サンスマイル」です。

客のリクエストに応じてどんな料理でも作ってくれるこのお店は、ドラマを見ていた人なら一度は行ってみたいと思ったことでしょう。

このロケ地の見どころ

サンスマイル

「サンスマイル」は、レトロな外観をした昔ながらの喫茶店です。

ドラマの喫茶店リクエストのように、どんなメニューでも作ってもらえるわけではありませんが、パスタやドリアなどの、お店の見た目からイメージするとおりの喫茶店メニューの数々を食べることができます。

そんなサンスマイルでは野菜から手作りしたドレッシングも隠れた名物となっており、レジで販売もしていますので、ロケ地を訪れた際にはお土産にもいかがでしょうか。

場所・アクセス


「サンスマイル」は、JRの新小岩駅から徒歩7分のところにあります。

新小岩駅の南口を出て、目の前にある横断歩道を渡って駅前広場を突っ切り、もう一度横断歩道を渡ります。

するとルミエール商店街というアーケード商店街がありますので、そちらに入ってください。

商店街を5分ほど進むと右手に「韓国料理味加」が見えてきますので、右折してその脇の小道に入れば、すぐに「サンスマイル」に到着です。

  • 住所:〒132-0031 東京都江戸川区松島3丁目15−8
  • 営業時間:11:00~15:00
  • 休業日:水曜日
  • 最寄駅:JR総武線 新小岩駅
  • おすすめの行き方:新小岩駅から徒歩7分


1 2