ロケシルおすすめの動画配信サービス11社を紹介

大ヒット少女漫画が原作の映画「君に届け」のロケ地6ヶ所を紹介!

映画「君に届け」は、椎名軽穂の大ヒット漫画を原作に、多部未華子と三浦春馬の主演で2010年に公開されました。

実写化してほしい漫画ランキングで常に上位に入っていたこの作品は、実写化に際して原作の名シーンや名台詞を忠実に再現していて、原作ファンも納得の出来として評判になりました。

映画「君に届け」
引用:Yahoo!映画

この映画は、本当は純粋で前向きな性格なのに暗い見た目のせいで周囲から避けられている黒沼爽子(多部未華子)と、爽やかを絵に描いたような人気者の風早翔太(三浦春馬)との青春恋愛ストーリーです。

誰もが経験する、大切な人を想う気持ちを丁寧に描いたこの作品は、爽子たちと同世代の高校生たちだけでなくどんな世代の方でも共感してしまうはずです。

映画「君に届け」

そんな映画「君に届け」の撮影は、関東近郊で行われています。

今回は、映画の中でも大切なシーンのロケ地を厳選して6ヶ所紹介します!

君に届けのロケ地・撮影地1「群馬県桐生市広沢町」

撮影されたシーン

爽子と風早の出会いのシーン
引用:映画.com

爽子と風早の出会いや、風早が爽子に想いを伝え、またそれに爽子が応えるところまで、この映画で最も大切な場所のロケ地となったのは、「群馬県桐生市広沢町」です。

本来はバス停が無いこの場所を、「花待坂バス停」に見立てて撮影が行われました。

このロケ地の見どころ


「群馬県桐生市広沢町」は、渡良瀬川に接した住宅地を中心とした地域です。

映画「君に届け」では、物語の重要なシーンの数々が広沢町3丁目の桜の木の下で撮影されました。

ロケ地めぐりは、この映画で象徴的な桜の花びらが舞う風景を見るために、もちろん桜の季節に訪れるのがおすすめです!

撮影された場所の周囲は住宅街で観光地などはありませんので、桜の木を見たあとはこの場所を離れて桐生市を散策するのもいいですね。

桐生市は、日本遺産「かかあ天下―ぐんまの絹物語―」を構成する文化財が多数ありますので、以下のページを参考にしてぜひ見学してみてください。

日本遺産:かかあ天下-ぐんまの絹物語-

場所・アクセス


映画で使用された場所は、住宅街の中の道路で駐車場なども周囲にありません。

少し距離はありますが最寄り駅の東武桐生線の新桐生駅から徒歩やタクシーで向かう必要があります。

タクシーを利用する場合は、桐生南高校の裏口(桐生南高校バス停)方向に向かってください。

バス停や桐生南高校の入口を通り過ぎて、そのまま直進していき最初の曲がり角を左折してください。

左折後は100mほど直進した先の交差点が「花待坂バス停」のロケ地となった場所です。

  • 住所:〒376-0013 群馬県桐生市広沢町3丁目
  • 最寄駅:東武桐生線 新桐生駅
  • おすすめの行き方:新桐生駅からタクシーで5分

君に届けのロケ地・撮影地2「旧足利西高等学校」

撮影されたシーン

爽子や風早の通う高校
引用:映画.com

映画の中で最も多くのシーンが登場した、爽子や風早が通う高校のロケ地となったのが、「旧足利西高等学校」です。

このロケ地の見どころ

旧足利西高校
引用:足利経済新聞

「旧足利西高校」は既に廃校となった高校ですが、現在でも綺麗に整備されており、足利市をあげてロケ撮影の誘致を行っています。

映画「ちはやふる」では主人公たちの通う高校にも使われるなど、映画、ドラマ、CMなど合計で100本以上の撮影実績となっています。

競技かるたがテーマ!映画「ちはやふる」のロケ地7ヶ所を紹介

撮影された作品は足利市の公式ホームページで確認できますので、訪問の際はぜひチェックしてから訪れてみてくださいね。

「旧足利西高校」での撮影実績

場所・アクセス


「旧足利西高校」は、東武伊勢崎線の足利市駅からバスを利用して行くことができます。

足利市駅南口のバスロータリーにあるバス停から、足利市コミュニティバスに乗車します。

バスに乗ったら約20分ほどの「大原神社前」バス停で下車してください。

バスを降りたら、進行方向に進んでいき最初の交差点を左折して道なりに直進していけば「旧足利西高校」に到着です。

  • 住所:〒326-0845 栃木県足利市大前町103−11
  • 最寄駅:東武伊勢崎線 足利市駅
  • おすすめの行き方:足利市駅からバス乗車 大原神社前下車徒歩4分
  • 公式サイト:映画のまち あしかが

君に届けのロケ地・撮影地3「五十番」

撮影されたシーン

爽子の同級生・真田龍(青山ハル)の実家であるラーメン屋のロケ地となったのが、「五十番」です。

この場所には、爽子が初めてとも言える友人たちとラーメンを食べに来ることになります。

このロケ地の見どころ

五十番
引用:ぐんラボ

「五十番」は、昔ながらのレトロ感あふれる中華料理屋さんです。

映画の中で爽子や風早たちが食べたラーメンは、実際にこのお店のものなので訪れた際にはぜひ味わってみてください!

またラーメンだけでなく、このお店に来たらぜひ食べていただきたいのはソースカツ丼です。

ソースカツ丼は、桐生市が発祥の群馬県のB級グルメとして有名で、その名の通りソースにくぐらせたカツが乗っているのが特徴です。

ソースカツ丼発祥のお店「志多美屋」
引用:We love 群馬

普通のカツ丼のように卵でとじていないため、サクサクした食感を楽しむことができます。

お店によって特製のソースや甘辛のタレなどいろいろな特徴がありますので、「五十番」だけでなく他のお店も食べ比べしてみるのもいいかもしれませんね。

場所・アクセス


「五十番」へは、JR両毛線の桐生駅から徒歩で向かうことができます。

桐生駅の北口を出たら真っ直ぐすすみ、桐生駅前交差点を右折して末広町通りに入ります。

末広町通りを400mほど進むとデニーズがありますので、そこを越えて2つ目の小道に左折して入って行ってください。

左折後は200mほど進めば「五十番」に到着です。

映画で使用されたのは夜に食事するシーンでしたが、お昼時しか営業していませんので訪問時は注意してくださいね!

  • 住所:〒376-0044 群馬県桐生市永楽町8−1
  • 営業時間:11:30~15:00
  • 休業日:水曜日
  • 最寄駅:JR両毛線 桐生駅
  • おすすめの行き方:桐生駅から徒歩10分


1 2