ロケシルおすすめの動画配信サービス11社を紹介

TOKIO長瀬智也の引退作品!ドラマ「俺の家の話」ロケ地を紹介

ドラマ「俺の家の話」は、長瀬智也主演・宮藤官九郎脚本によって能の世界を描いた作品です。

2021年3月末で芸能界を引退した長瀬智也の、最後の連続ドラマ出演作品として話題となりました。

ドラマ「俺の家の話」
引用:NEWSポストセブン

この作品は、能の世界に生まれたものの家を出てプロレスラーとなった観山寿一(長瀬智也)が、父の観山寿三郎(西田敏行)の危篤をきっかけに家に戻り、展開していく一風変わったホームドラマです。

本作でタッグを組む長瀬智也と宮藤官九郎は、「池袋ウエストゲートパーク」や「タイガー&ドラゴン」といった、お互いの代表作品と呼べるドラマを生み出してきました。

劇中では、これまでの宮藤官九郎脚本ドラマで、長瀬智也と共演した俳優たちがゲスト出演して長瀬智也の引退に華を添えています。

今回はそんな「俺の家の話」のロケ地を8ヶ所紹介します!

俺の家の話のロケ地・撮影地1「葛飾区山本亭」

撮影されたシーン

団らんする観山家
引用:産経ニュース

寿一や寿三郎たちが暮らす、観山家の舞台となったのが、「葛飾区山本亭」です。

この場所を中心に物語が進んでいくことになります。

このロケ地の見どころ

葛飾区山本亭
引用:葛飾区

「葛飾区山本亭」は大正末期に建築された、書院造に西洋建築を融合させた和洋折衷の建築が特徴の建物です。

東京都の選定歴史建造物にも指定されています。

木造瓦葺き2階建ての建物の中には、いたるところに大正から昭和にかけての建築の流行がうかがえるたたずまいを残しており、こちらを見学してみたら当時の日本人の生活が想像できるかと思います。

趣のある建物だけでなく書院庭園も見どころの1つであり、アメリカで発行されている日本庭園専門雑誌が行うランキングでは毎年上位に選出されています。

またこの建物の隣には葛飾観光といえば外せない「柴又帝釈天」や「葛飾柴又寅さん記念館」がありますので、ロケ地巡りと一緒に訪れてみるのもおすすめですよ!

柴又帝釈天

葛飾柴又寅さん記念館

映画「男はつらいよ」の人気なロケ地5ヶ所を紹介!何度も行きたくなる撮影地とは?

場所・アクセス


「葛飾区山本亭」には、男はつらいよシリーズでおなじみの京成金町線柴又駅から徒歩で向かうことができます。

柴又駅を出たら北へ直進して、最初の交差点を右折してください。

そのまましばらく進めば信号があるので、そちらを渡って次の交差点を左折します。

左折後は突き当たりのT字路を右に曲がって、そのまま道なりに300mほど進めば左手にあるのが「葛飾区山本亭」です。

  • 住所:〒125-0052 東京都葛飾区柴又7丁目19−32
  • 営業時間:9:00~17:00
  • 休業日:毎月第3火曜日
  • 最寄駅:京成金町線 柴又駅
  • おすすめの行き方:柴又駅から徒歩6分
  • 公式サイト:山本亭

俺の家の話のロケ地・撮影地2「GENスポーツパレス」

撮影されたシーン

寿一がレスラー時代に活躍していた、さんたまプロレスの試合会場のロケ地として使われたのは、「GENスポーツパレス」です。

試合のシーンはスタントマンは用いずに、全て長瀬智也自身が演じています。

このロケ地の見どころ

GENスポーツパレス
引用:K-1 JAPAN GROUP

「GENスポーツパレス」は、プロレス団体WRESTLE-1の運営会社により管理されているスポーツ施設です。

WRESTLE-1を立ち上げした武藤敬司は、「俺の家の話」にも寿一の過去の対戦相手として回想シーンで写真のみ登場しています。

この場所ではプロレス以外にもK-1の試合も行われていて、スポーツ塾やカポエイラ教室、トレーニング設備などの施設も併設されています。

もちろんこの施設内ではプロレスの試合やイベントが定期的に行われていますので、ドラマを見て興味を持った方はぜひ寿一が戦ったこの場所に訪れてみてはいかがでしょうか。

場所・アクセス


「GENスポーツパレス」は、JR総武線の大久保駅の近くにあるため、徒歩での訪問がおすすめです。

大久保駅の北口を出たら目の前の横断歩道を渡り、右手にある富士そばと線路の間の道に入ってください。

線路沿いに北に進んでいって、最初の分かれ道を右に入り200mほど直進すると、中央病院通りにぶつかる交差点に着きます。

その交差点で右折すれば、すぐに「GENスポーツパレス」です。

  • 住所:〒169-0073 東京都新宿区百人町2丁目23−25
  • 最寄駅:JR総武線 大久保駅
  • おすすめの行き方:JR大久保駅から徒歩4分

俺の家の話のロケ地・撮影地3「池袋西口公園」

撮影されたシーン

池袋西口公園で会話する寿一と大州
引用:まんたんWeb

ダンスの練習をしている寿一の甥・長田大洲(道枝駿佑)を見守るために寿一が訪れた公園のロケ地は、「池袋西口公園」です。

ここでは長瀬智也と宮藤官九郎の代表作「池袋ウエストゲートパーク」を連想させるセリフやBGMが使用されて、往年のファンには見逃せないシーンでした。

このロケ地の見どころ

池袋西口公園
引用:ファッションプレス

「池袋西口公園」は、池袋西口の象徴として多くの人から親しまれている公園です。

ドラマ「池袋ウエストゲートパーク」でロケ地として使用されたことでも有名ですが、2019年にリニューアルされたことで、ドラマ放送当時からは見違えるような景観になっています。

現在の池袋西口公園は、シンボルのグローバルリングを中心として、縦3m横11mの大型ビジョンと8chスピーカーなどを備えた野外劇場の用途としても利用が可能となっており、豊島区の掲げるアート・カルチャー都市の拠点と位置づけられています。

「池袋ウエストゲートパーク」以外にもロケ地としても定番となっており「花より男子」や「ごくせん」などの数々の人気ドラマで使用されていますので、ロケ地巡りでは外せない場所です!

ドラマ「ごくせん(第2シリーズ)」のロケ地12選!レトロな撮影地から絶景まで紹介

場所・アクセス


「池袋西口公園」は、その名の通り池袋駅の西口に位置しています。

池袋駅の西口を出たら、左前方にある吉野家の方向へ向かって横断歩道を渡ってください。

横断歩道を渡ったら、歩道を右側に進んでいくとすぐに目の前に見えてくる広場が「池袋西口公園」です。

  • 住所:〒171-0021 東京都豊島区西池袋1丁目8−26
  • 最寄駅:JR池袋駅
  • おすすめの行き方:池袋駅西口から徒歩2分
  • 公式サイト:豊島区

俺の家の話のロケ地・撮影地4「麺の坊 砦」

撮影されたシーン

寿一の義理の弟であるラッパーOSD(秋山竜次)が経営するラーメン屋のロケ地となったのは、「麺坊 砦」です。

寿一と甥の大洲が美味しそうにラーメンを食べるシーンが撮影されました。

このロケ地の見どころ

麺の坊 砦
引用:ホットペッパーグルメ

「麺の坊 砦」は、豚骨ラーメンの超有名店・一風堂で修行をつんだ店主が独立して開業したラーメン店です。

博多の本場で修行をしただけあって、本格的な豚骨ラーメンが食べられることが評判で、渋谷駅から離れた場所にありながら、渋谷を代表するラーメン店として連日大行列ができる人気店となっています。

全国から厳選された名店だけが軒をつらねる、新横浜ラーメン博物館にも出店していたことがあることからも、「麺の坊 砦」の人気具合がわかるかと思います。

麺の坊 砦の豚骨ラーメン
引用:ホットペッパーグルメ

ガッツリとした本格豚骨ラーメンですので、お腹をすかせてから訪れれば、ロケ地巡りと絶品ラーメンが二重で楽しむことができるのでおすすめです!

場所・アクセス


「麺の坊 砦」は、京王井の頭線の神泉駅から徒歩4分で行くことができます。

神泉駅の南口を出たら右方向に道なりに進んでいってください。

交差点も超えて細い道に入りますが、そのまま道なりに進んでいくとT字路の突き当りにつくので、そちらを左折して旧山手通りの方に向かってください。

すぐに旧山手通りに出ますので、そちらを左折すればすぐに「麺の坊 砦」に到着です。

  • 住所:〒150-0045 東京都渋谷区神泉町20−23
  • 営業時間:11:00~27:00
  • 休業日:水曜日
  • 最寄駅:京王井の頭線 神泉駅
  • おすすめの行き方:京王線神泉駅から徒歩4分


1 2