ロケシルおすすめの動画配信サービス11社を紹介

ドラマ「レッドアイズ」のロケ地は関東近郊!厳選の6ヶ所を紹介

ドラマ「レッドアイズ 監視捜査班」は、亀梨和也主演で2021年に放送された刑事ドラマです。

ドラマ「レッドアイズ」
引用:日本テレビ

亀梨演じる伏見響介を中心とした、天才的な能力を持ちながら、過去に犯罪歴を持ったメンバーで結成されたKSBC(神奈川県警捜査分析センター)が、最新の科学情報捜査を駆使して難事件に挑んでいくストーリーです。

KSBCのメンバーは木村祐一、シシドカフカ、SixTONESの松村北斗などバラエティに富んだ面々が揃い、物語を盛り上げていきます!

基本的に1話完結の事件が展開していく見やすい作りとなっていますが、その影で伏見の婚約者を殺害した「青いコートの男」を追いかけるという、物語の核となる事件の伏線も回収されていくため毎週目が話せない展開が続きます。

奥深いストーリーだけでなく、随所で出てくる伏見が挑戦するアクションシーンの数々も見どころです!

今回はそんな「レッドアイズ 監視捜査班」のロケ地6ヶ所を紹介します。

レッドアイズのロケ地・撮影地1「神奈川県警察本部」

撮影されたシーン

情報収集をするKSBC
引用:エキサイト

伏見たちが所属するKSBCがあるのは、「神奈川県警察本部」です。

警察署ですので、当然ながら外観のみがロケ地として使用されています。

このロケ地の見どころ

神奈川県警察本部
引用:観光かながわNOW

「神奈川県警察本部」は、ビルの立ち並ぶ横浜関内エリアにおいても、ひときわ目立つ高さの建物です。

ロケ地としては外観のみの使用なので、ロケ地巡りとしては外からの見学となりますが、せっかく訪れたなら警察署内部にも見どころがありますので、ぜひ見ていかれるのをおすすめします。

記念撮影や歴史資料に触れることができる「広報センター」、県内の道路情報が一目で分かる大型地図ディスプレイがある「交通管制センター」、県内の110番をすべて管轄する「通信指令室」などを見学することができますよ。

内部も見学する際には電話予約による事前申し込みが必要ですので、訪問時は忘れないようにしてくださいね!

場所・アクセス


「神奈川県警察本部」は、みなとみらい線の馬車道駅と日本大通り駅から、どちらも徒歩5分ほどで行くことができます。

馬車道駅から向かう場合は、6番出口を出て進行方向にそのまま進み、最初の信号がある交差点を右折したらすぐに「神奈川県警察本部」に到着することができます。

日本大通り駅からであれば、1番出口を出てから右手に進み、最初の交差点で右折します。

右折後は最初の信号がある交差点まで直進していき、交差点を左折すれば「神奈川県警察本部」です。

  • 住所:〒231-8403 神奈川県横浜市中区海岸通2丁目4
  • 営業時間:24時間
  • 休業日:年中無休
  • 最寄駅:みなとみらい線 馬車道駅、日本大通り駅
  • おすすめの行き方:馬車道駅または日本大通り駅から徒歩5分
  • 公式サイト:神奈川県警

レッドアイズのロケ地・撮影地2「日本丸メモリアルパーク」

撮影されたシーン

大塩はるか(髙橋ひかる)がアルバイトする石’sキッチンの出店場所のロケ地となったのは、「日本丸メモリアルパーク」です。

このシーン以外にもドラマの随所で「日本丸メモリアルパーク」は使われています。

このロケ地の見どころ

日本丸メモリアルパーク
引用:帆船日本丸・横浜みなと博物館

「日本丸メモリアルパーク」は帆船日本丸をシンボルとした、みなとみらい地区の中でも最初に整備された公園です。

国の重要文化財にも指定されている帆船日本丸は内部の見学も可能で、実際に大海原を公開していた頃の貴重な展示品の数々を見ることができます。

また日本丸メモリアルパークはロケ地としても定番で、「リモラブ」や「逃げるは恥だが役に立つ」など数々の人気ドラマの撮影が行われています。

ドラマ「リモラブ」のロケ地6ヶ所を紹介!ドラマの舞台横浜を巡る

横浜が舞台のドラマでは必ずと言っていいほど登場する場所ですので、ドラマ好きのかたなら1回は訪れておいてほしい場所ですよ!

場所・アクセス


「日本丸メモリアルパーク」は、JRの桜木町駅からすぐの場所にありますので、徒歩での訪問がおすすめです。

JR桜木町駅の東口を出たら、駅前のロータリーを時計回りに進んでいき、その先にあるエスカレーターをあがって動く歩道に入ってください。

動く歩道を進み終点まで行くと、右側に下り階段がありますので、階段を降りればそこが「日本丸メモリアルパーク」です。

  • 住所:〒220-0012 神奈川県横浜市西区みなとみらい2丁目1−1
  • 営業時間:24時間営業
  • 休業日:年中無休
  • 最寄駅:JR桜木町駅
  • おすすめの行き方:桜木町駅から徒歩5分
  • 公式サイト:日本丸メモリアルパーク

レッドアイズのロケ地・撮影地3「鶴牧西公園」

撮影されたシーン

第4話で、辰二郎(木村祐一)が半グレ集団と取引した現場として使われたのが、「鶴巻西公園」です。

逃走する犯人(真壁刀義)を確保する伏見と湊川(シシドカフカ)のアクションシーンも見どころでした。

このロケ地の見どころ

鶴巻西公園
引用:多摩ニュータウン公園探訪

「鶴巻西公園」は多摩市の高台にあり、周辺の住宅地を一望できる長めの良い公園です。

広大な園内にはきれいに整備され散歩に適した遊歩道や子供が遊べる遊具などもあり、周辺住民の憩いの場になっています。

また園内からは、隣接地に咲く多摩市の天然記念物に指定されたしだれ桜を見ることができ、桜の季節には見物客でにぎわいます。

鶴巻西公園のしだれ桜
引用:多摩市

園内は広いだけでなく、傾斜や階段も多くなっていますのでロケ地巡りは歩きやすい服装で訪問してくださいね。

場所・アクセス


「鶴巻西公園」には、小田急線の唐木田駅から徒歩10分ほどで行くことができます。

唐木田駅の改札を出たら左に向かい、線路沿いの道を北に向かって進んでください。

1つ目の曲がり角を右折し、最初の横断歩道を渡ってから、次の分かれ道を左折してください。

すぐに右手に緑地が広がってきますが「鶴巻西公園」の入口は100mほど直進した先です。

  • 住所:〒206-0034 東京都多摩市鶴牧2丁目22
  • 最寄駅:小田急線 唐木田駅
  • おすすめの行き方:唐木田駅から徒歩10分
  • 公式サイト:多摩市

レッドアイズのロケ地・撮影地4「珈琲館シャガァル」

撮影されたシーン

9年前に辰二郎が逮捕されるきっかけとなった詐欺事件の会話をした場所は、「珈琲館シャガァル」です。

大阪の設定ですが、ロケ地は府中にある喫茶店です。

このロケ地の見どころ

珈琲館シャガァル
引用:府中まちコム

「珈琲館シャガァル」は中に足を踏み入れてみたら、静かで落ち着いた空気がただよう、純喫茶好きにはたまらないお店です。

喫茶店としての利用はもちろん、ランチメニューもカレーライスやナポリタン、エビピラフなど喫茶店ランチでおなじみのものが並んでおり、周辺住民から親しまれています。

そんな独特の雰囲気たっぷりの「珈琲館シャガァル」は、レッドアイズ以外にもドラマ「Nのために」でもロケ地として使用されています。

ドラマ「Nのために」のロケ地15選!美味しい飲食店も多数紹介

まったく雰囲気の違うこれらのドラマですが、それぞれで使われたシーンのことを思い出しながら訪問してみてくださいね。

場所・アクセス


「珈琲館シャガァル」は、京王線の府中駅からすぐの国際通り商店街の中にあります。

京王線府中駅の改札を出たら西側の階段から地上に降りてください。

道路を挟んで目の前に国際通り商店街がありますので、そちらに入って道なりに進んでいくと100mほどで「珈琲館シャガァル」です。

  • 住所:〒183-0022 東京都府中市宮西町1丁目11−1
  • 営業時間:8:30~18:30
  • 休業日:不定休
  • 最寄駅:京王線 府中駅
  • おすすめの行き方:府中駅から徒歩2分

レッドアイズのロケ地・撮影地5「相模メモリアルパーク」

撮影されたシーン

青いコートの男の犠牲になった、亡き婚約者の墓参りに伏見が訪れた霊園のロケ地は、「相模メモリアルパーク」です。

このロケ地の見どころ

相模メモリアルパーク
引用:いいお墓

「相模メモリアルパーク」は相模川を背にしたゆるやかな高台にある、見晴らしの良い霊園です。

50年にも続く歴史があるこの霊園は、首都圏でも随一の広さを持ち園内には豊富な緑にあふれていて、大型の公園墓地としても周囲の人々にやすらぎを与えています。

またこちらは、綺麗に整備されて外国の墓地のような見た目を持っており、多くのドラマで墓地のシーンのロケ地としても定番となっていて、「花のち晴れ」や「医龍」などの人気ドラマのロケ地にも使用されています。

場所・アクセス


「相模メモリアルパーク」は神奈川県愛甲郡の高台にあり、歩ける距離には駅がありませんので訪問には周囲の駅からバス利用がおすすめです。

JRを利用される場合は横浜線の橋本駅や相模原駅、小田急線では海老名駅や本厚木駅からバスが出ていて、それぞれ30分~40分程度の乗車時間となります。

各駅から利用するバス路線や、車を利用して訪問される場合などは公式ホームページに詳しく載っていますので確認してみてくださいね。

相模メモリアルパークへのアクセス

  • 住所:〒243-0308 神奈川県愛甲郡愛川町三増109−2
  • 営業時間:8:30~17:00
  • 休業日:水曜日、年末年始
  • 最寄駅:JR相模線 番田駅
  • おすすめの行き方:周囲の駅(海老名駅など)からバス
  • 公式サイト:相模メモリアルパーク

レッドアイズのロケ地・撮影地6「東京キネマ倶楽部」

撮影されたシーン

伏見が因縁の青いコートの男を確保した劇場のロケ地は、「東京キネマ倶楽部」です。

最終話らしく、大迫力の格闘シーンが行われました!

このロケ地の見どころ

東京キネマ倶楽部
引用:ばんぎゃる最新ニュース.net

「東京キネマ倶楽部」は、元々グランドキャバレーだった建物を利用して整備された、まるで昭和の時代を再現したような雰囲気を備えた、オープンスペースとしての利用をメインとした施設となっています。

レトロ感の残るこの施設内では、ライブや舞台、ミュージカルなどを中心に様々なイベントが日々行われています。

通常のライブハウスや劇場と比べて非常に高い天井が特徴で、コンサートやミュージカルなどに参加したら、ここならではの特別な音の響きを感じることができます。

ロケ地めぐりでは、ぜひイベントスケジュールをチェックしてみて、お気に入りのイベントを見つけてみてください!

場所・アクセス


「東京キネマ倶楽部」は、JR山手線の鶯谷駅から徒歩で行くことができます。

鶯谷駅の南口を出たら、目の前の横断歩道を渡ってから左折して山手線を越える陸橋を渡っていってください。

橋を渡ったら、右手にある階段から下に降りてそのまま少し進めば「東京キネマ倶楽部」に到着です。

  • 住所:〒110-0003 東京都台東区根岸1丁目1−14
  • 営業時間:10:00~22:00
  • 休業日:無休
  • 最寄駅:JR山手線 鶯谷駅
  • おすすめの行き方:鶯谷駅から徒歩2分
  • 公式サイト:東京キネマ倶楽部

レッドアイズをご覧になりたい方へ


※時期によっては上記のサイトで配信されていない場合がありますのでご注意ください

また、ロケシルおすすめの動画配信サービスも11社一覧で紹介しておりますので、映画やドラマを身漁りたいという方はぜひチェックしてみてください。

動画配信サービス11社を一覧で紹介!比較方法やおすすめランキング付き

関連外部リンク

レッドアイズのロケ地・撮影地についてのまとめ


「レッドアイズ」は、神奈川県警の特殊部隊KSBCの活躍を描いたドラマです。

そのため、劇中で伏見たちが訪れる場所は横浜を中心とした神奈川県の設定となっている場所ばかりとなっています。

ですが実際のロケ地は、神奈川県だけでなく関東近郊で行われています。

今回紹介したロケ地はどこも見どころが一杯で、落ち着いたり楽しんだりできる場所ばかりです。

訪れやすい場所も多いので、ぜひドラマ「レッドアイズ」にハマった方はロケ地を巡って伏見たちの活躍を思い出してみてくださいね!