ロケシルおすすめの旅行会社(旅行サービス)厳選10社を紹介

和歌山を中心に撮影された映画「溺れるナイフ」のロケ地7ヶ所を紹介!

溺れるナイフのロケ地・撮影地5「新宮城跡」

撮影されたシーン

火祭りに参加するコウ
引用:映画.com

コウが参加する伝統の火祭りの会場は、「新宮城跡」がロケ地となりました。

この祭りの最中に、夏芽とコウの関係にとって重要な出来事が起きることになります。

このロケ地の見どころ

新宮城跡
引用:新宮市観光協会

「新宮城跡」は和歌山の新宮市にかつてあったお城で、別名を丹鶴城とも称されていました。

高台にそびえるこの城跡からは、新宮市や雄大な熊野川、美しい山並みを眺めることができる絶景が広がっていて、2017年には続日本の名城100選にも選定されています。

また新宮城跡のある新宮市は、新宮城跡だけでなく、世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」の一部である熊野速玉大社や神倉神社などの見どころとなる史跡も多数あります。

劇中の火祭りの舞台となった新宮城跡では実際は催事は行われていませんが、神倉神社で毎年2月に行われる御燈祭は、まるで劇中の火祭りのような神々しさです。

ロケ地巡りで新宮城跡を訪れる際は神倉神社の御燈祭も併せて訪れてみれば、より映画の情景が浮かんでくるはずですよ。

場所・アクセス


「新宮城跡」は、JRの新宮駅から徒歩で行くことができます。

新宮駅を出たら目の前のロータリーを抜けて、新宮駅前の交差点まで行ったら左折して、県道232号を北に向かって進んでください。

300mほど進んだら左手が上り坂になっている大きな交差点がありますので、左折して坂の方向に進んでください。

そのまま坂をあがっていけば、右手に丹鶴城公園の入り口があります。

公園を抜けていけば「新宮城跡」に到着です。

  • 住所:〒647-0081 和歌山県新宮市新宮7691−1
  • 営業時間:24時間営業
  • 休業日:年中無休
  • 最寄駅:JR新宮駅
  • おすすめの行き方:新宮駅から徒歩
  • 公式サイト:新宮市観光協会

溺れるナイフのロケ地・撮影地6「熊野古道大門坂」

撮影されたシーン

すれ違った夏目とコウが再開した場所は、「熊野古道大門坂」がロケ地となりました。

この先にコウのお気に入りの場所である月ノ明リ神社があります。

このロケ地の見どころ

熊野古道 大門坂
引用:LINEトラベルjp

「熊野古道大門坂」は、世界遺産・熊野古道の中腹に位置しており、古くからの面影を強く残した場所です。

樹齢800年を超える老杉に囲まれた石段を歩くと、まるではるか昔の時代にタイムスリップしたかのような感覚になることができるでしょう。

大門坂と言う名称ですが、実際は石畳の階段が600m以上続いていてかなり険しい道のりです。

ただ、乗り越えた先には熊野古道を代表する名所である那智の滝や那智大社があり、苦労した分だけ到着した際の喜びも増すはずです!

日本三大名瀑に数えられる那智の滝は、一段の滝としては日本で最大の落差を持っていて間近で見てみれば、その迫力に圧倒されます。

那智の滝
引用:和歌山県観光連盟

ぜひ「熊野古道大門坂」と一緒に訪れてみてください。

場所・アクセス


「熊野古道大門坂」は、紀伊勝浦駅からバスを利用して行くことができます。

紀伊勝浦駅のバス乗り場は、駅を出て目の前のロータリーを時計回りに進んでいった先にあります。

バスは31番の那智山線に乗って、30分ほどの大門坂のバス停で下車してください。

大門坂のバス停からは、バスの進行方向に進んでいき最初の分かれ道を左側の細い道に入ります。

その後は、道沿いに進んで行ったら目の前に見えてくる石段の続く道が「熊野古道大門坂」です。

  • 住所:和歌山県東牟婁郡那智勝浦町
  • 営業時間:24時間営業
  • 休業日:年中無休
  • 最寄駅:JR紀伊勝浦駅
  • おすすめの行き方:紀伊勝浦駅からバス乗車、大門坂バス停下車して徒歩
  • 公式サイト:和歌山観光公式サイト

溺れるナイフのロケ地・撮影地7「立厳岩」

撮影されたシーン

バイクで走る夏芽とコウ
引用:Yahoo映画

映画のラストシーンで、夏芽とコウの2人がバイクに乗って走る姿が撮影されたのは、「立厳岩(たてごいわ)」沿いの県道24号です。

この場所は映画のポスターにも使用されました。

このロケ地の見どころ


「立厳岩」は、和歌山県の由良町、白崎海岸にそびえ立つ奇岩です。

岩の中央には長年の波の侵食によって大きな穴があいていて、穴を通してみる夕陽に染まった海は絶景です。

また立厳岩を含む白崎海岸は、読売新聞が選ぶ平成百景にも選定されていて、白い石灰岩と青い海に囲まれたこの場所は、その美しさから日本のエーゲ海とも呼ばれています。

立厳岩の周辺には駐車場などがないため、ゆっくり見学することはできませんが、海岸沿いを走っていけば道の駅・白崎海洋公園があって遊歩道なども整備されていますので、そちらに立ち寄ってのんびりと美しい白崎海岸を眺めてみてはどうでしょうか。

場所・アクセス


「立厳岩」は、公共交通機関では向かうことが難しいため、車での訪問をおすすめします。

大阪方面や、他地方からの場合に関西国際空港から訪れる場合は、阪和自動車道の広川インターチェンジまで行って高速を降りてください。

一般道に入ったら、広川IC出口の交差点を直進してから、海にぶつかるまでずっと道なりに進んでいきます。

海が見えたら突き当りを左折して、県道23号線に乗ってください。

途中で県道24号に切り替わりますが、道なりに進んでいくのは変わりません。

あとはそのまま道なりに10kmほどいけばひときわ目立つ「立厳岩」が見えてきます。

劇中でコウと夏芽がバイクで走った美しい白崎海岸沿いの道ですので、ドライブもロケ地巡りの1つとして楽しんでくださいね!

  • 住所:〒649-1123 和歌山県日高郡由良町
  • 最寄駅:JR紀伊由良駅
  • おすすめの行き方:阪和自動車道広川ICから車
  • 公式サイト:由良観光公式サイト

溺れるナイフをご覧になりたい方へ


※時期によっては上記のサイトで配信されていない場合がありますのでご注意ください

また、ロケシルおすすめの動画配信サービスも11社一覧で紹介しておりますので、映画やドラマを身漁りたいという方はぜひチェックしてみてください。

動画配信サービス11社を一覧で紹介!比較方法やおすすめランキング付き

関連外部リンク

溺れるナイフのロケ地・撮影地についてのまとめ


映画「溺れるナイフ」は、和歌山県を中心に撮影が行われました。

和歌山県はあまり交通の便が良くない場所のため、訪問したことがない方も多いかもしれません。

ですが、今回の記事で紹介した熊野古道や湯の峰温泉、城崎海岸をはじめとした豊かな自然と雄大な歴史を感じられる場所がたくさんあります。

これらの場所は、映画の中で夏芽とコウが暮らす神秘的な町・浮雲町がそのまま再現されたかのような情景がひろがり、映画「溺れるナイフ」の名シーンの数々が想い起こされる素敵な旅になるはずですよ!

1 2