ロケシルおすすめの動画配信サービス11社を紹介

恋愛ファンタジー映画「今夜ロマンス劇場で」の舞台となったロケ地とは?

「今夜ロマンス劇場で」は、綾瀬はるかと坂口健太郎の主演で、2018年に公開された映画です。

まるでローマの休日を思わせるような、モノクロ映像の綾瀬はるかの姿も見どころです!

映画「今夜ロマンス劇場で」
引用:Yahoo映画

この映画は、映画監督を目指す青年・牧野健司(坂口健太郎)と、スクリーンの中から現実世界に現れた映画のヒロイン・美雪(綾瀬はるか)との恋を描いたロマンティックなラブストーリーです。

人に触れると消えてしまうという秘密を抱えた美雪と、愛する人に触れることができない健司の切ない恋の結末は、感動必至です!

今回はそんな映画「今夜ロマンス劇場で」のロケ地8ヶ所を紹介します。

今夜ロマンス劇場でのロケ地・撮影地1「旧足利東映プラザ」

撮影されたシーン

ロマンス劇場でお気に入りの映画を見る健司
引用:映画.com

映画の舞台となるロマンス劇場のロケ地は、「旧足利東映プラザ」です。

この場所から健司と美雪のロマンスが始まります!

このロケ地の見どころ

旧足利東映プラザ
引用:下野新聞

「旧足利東映プラザ」は、かつて足利市にあった映画館です。

現在は映画館としての営業は行われておらず、ツタの生えた見た目から廃墟好きにも有名な場所となっています。

そんな外観のこの建物ですが、内部はきれいに整備されており、今でもイベント会場として使用されたり、古いフィルム映画の上映会などが行われたりしています。

ロケ地めぐりを行うならば、イベント時に訪れてみれば、劇中で健司が通い詰めたスクリーンで映画を見ることができるかもしれませんよ!

場所・アクセス


「旧足利東映プラザ」は、最寄り駅の足利駅から徒歩で向かうことができます。

足利駅の北口を出たら、ロータリーを越えて先に進んで「JR足利駅入口」交差点まで進みます。

交差点についたら左折して、県道67号沿いに600mほど進んでいってください。

「通2丁目」交差点を通過したら、次の曲がり角で右折していけば、すぐに映画でも見た「劇場通り」のゲートが見えてきます。

ゲートを抜ければすぐに「旧足利東映プラザ」に到着です。

  • 住所:〒326-0811 栃木県足利市井草町2408
  • 最寄駅:JR両毛線 足利駅
  • おすすめの行き方:足利駅から徒歩

今夜ロマンス劇場でのロケ地・撮影地2「トチセン」

撮影されたシーン

撮影所で働く健司
引用:映画.com

健司が働く京映東京撮影所のロケ地となった場所は、「トチセン」です。

ここで健司たちは数々の映画を作りだしてきました。

このロケ地の見どころ

トチセン
引用:足利市役所

「トチセン」とは、大正時代から続く歴史ある繊維加工メーカーです。

映画の中でも印象的だった、創業当初から使用され続けている重厚な赤レンガ造りの建物は、国登録有形文化財・近代化産業遺産にも認定されています。

工場見学は行われていませんが、年に1度程度行われる足利市の文化財一斉公開で見学者を受け入れることがありますので、敷地内に入るにはその時期が狙い目です!

ドラマや映画のロケ地としても使用されることがあり、「今夜ロマンス劇場で」と同じ坂口健太郎主演のドラマ「イノセンス冤罪弁護士」でも、トチセンの赤レンガ造りの建物が登場しています。

坂口健太郎ファンの方であれば見逃せないロケ地のひとつですね!

場所・アクセス


「トチセン」は、東武伊勢崎線の福居駅から歩いてすぐの場所にあります。

福居駅を出たら目の前の道を右手にまがり、線路沿いを進んでください。

100mくらい歩けばすぐに「トチセン」に到着です。

敷地の中には入ることはできませんが、外側からでも十分に映画で使用された建物を眺めることはできますよ。

  • 住所:〒326-0338 栃木県足利市福居町625
  • 最寄駅:東武伊勢崎線 福居駅
  • おすすめの行き方:福居駅から徒歩
  • 公式サイト:株式会社トチセン

今夜ロマンス劇場でのロケ地・撮影地3「松村写真館」

撮影されたシーン

健司の家にやってきた美雪
引用:映画.com

健司の家の外観のロケ地として使われたのは、「松村写真館」です。

その趣ある外観を見た美雪からは、薄気味悪い場所に暮らしていると言われてしまいますが、家の中は映画一筋の健司らしさにあふれていました。

このロケ地の見どころ


「松村写真館」は、足利市にある明治時代に創業した写真館で、現在の店舗は大正時代から残る歴史あるものとなっています。

現在も営業は続いていますが、そのレトロな見た目からロケ地としても使用されることもあり、映画「八日目の蝉」やドラマ「dele」など多数の人気作品がこの場所から生まれています。

またこの写真館は、国宝にも指定される鑁阿寺の南門から南北に延びる石畳の道沿いに面していて、足利市の観光を行う際には自然と店の前を通ることになりますので、アクセスも抜群です。

鑁阿寺は別名を足利氏宅跡といい、12世紀に足利氏の祖である源義康が居を構えた場所と言われています。

鑁阿寺(足利氏宅跡)
引用:足利市観光協会

特に歴史好きにはたまらない史跡ですので、ぜひロケ地めぐりと一緒に訪れてみてください!

場所・アクセス


「松村写真館」は、JR両毛線の足利駅から徒歩7分ほどで行くことができます。

足利駅の北口を出たら、先に紹介した「旧足利東映プラザ」に向かうときと同じように「JR足利駅入口」交差点まで行き、左折して県道67号を進んでください。

そのまま直進して、3つ目の信号がある交差点まで来たら右折します。

石畳の道を200mほど歩けば「松村写真館」に到着です。

  • 住所:〒326-0812 栃木県足利市大門通2371
  • 営業時間:9:30~18:00
  • 休業日:火曜日
  • 最寄駅:JR両毛線 足利駅
  • おすすめの行き方:足利駅から徒歩
  • 公式サイト:松村写真館

今夜ロマンス劇場でのロケ地・撮影地4「日光江戸村」

撮影されたシーン

健司たちが映画の撮影を行っていた場所は、「日光江戸村」です。

北村一輝演じる昭和のスター・俊藤龍之介の強烈なキャラが印象に残るシーンです。

このロケ地の見どころ

日光江戸村
引用:とちぎ旅ネット

「日光江戸村」は、江戸時代の街並みがそのままリアルに再現された、体験型のテーマパークです。

園内では忍者活劇や花魁道中などのアトラクションが行われているほかにも、自分自身が江戸時代の忍者や侍になりきることができる江戸職業体験が人気です。

江戸時代の再現にうってつけの日光江戸村は、ドラマ「JIN」などの江戸時代をテーマとしたドラマや映画で使用されるほか、「逃走中」や「戦闘中」などのバラエティ番組でも使われることがあるため、テレビ好きの方であればもっと楽しめること間違いなしです!

また、施設の周辺には鬼怒川温泉もありますので、一緒に訪れて旅の疲れを癒やしていってくださいね。

場所・アクセス


「日光江戸村」は、東武鬼怒川線の小佐越駅が最寄りですが、2つ隣の鬼怒川温泉駅から路線バスを利用しての訪問が便利です。

鬼怒川温泉駅を出たら右手に進んで3番のバスのりばから日光江戸村行きのバスが出ているので、そちらに乗車してください。

約20分ほどで「日光江戸村」に到着です。

東京方面から鬼怒川温泉駅までは、新宿駅や池袋駅から特急きぬがわ号で直通で行くことができますので、利用してみてくださいね。

  • 住所:〒321-2524 栃木県日光市柄倉470−2
  • 営業時間:9:00 – 17:00
  • 休業日:不定休
  • 最寄駅:東武鬼怒川線 小佐越駅
  • おすすめの行き方:鬼怒川温泉駅から路線バス
  • 公式サイト:日光江戸村


1 2