ロケシルおすすめの動画配信サービス11社を紹介

大ヒットドラマ・ガリレオの映画版「容疑者Xの献身」ロケ地を紹介!

「容疑者Xの献身」は、大人気ミステリー作家・東野圭吾の小説を原作として、福山雅治の主演で2008年に実写化された映画です。

本作は海外でも人気を博し、中国や韓国でのリメイクもされました。

映画「容疑者Xの献身」
引用:Yaohoo!映画

この映画は、ガリレオこと湯川学(福山雅治)を主人公としたドラマ「ガリレオ」の続編にあたる作品です。

ドラマ版のキャストである内海薫(柴咲コウ)や草薙俊平(北村一輝)も引き続き登場するため、ドラマからのファンは必見の映画となっています。

また映画版からの登場人物として、湯川と激しい頭脳戦を繰り広げる天才数学者・石神哲哉(堤真一)や、物語の鍵を握る人物である花岡靖子(松雪泰子)など、魅力的な俳優陣が物語を盛り上げます。

もちろんガリレオシリーズでは欠かせない、湯川による推理と謎解きはドラマ版以上に凝ったものとなっていて見応え十分です!

今回は、そんな映画「容疑者Xの献身」のロケ地を厳選して6ヶ所紹介します。

容疑者Xの献身のロケ地・撮影地1「岩舟山採石場跡」

撮影されたシーン

物語の冒頭で、湯川が実験を行なっていた場所は「岩舟山採石場跡」です。

ドラマではできない、映画版ならではの大規模な撮影となっています。

このロケ地の見どころ

岩舟山採石場跡
引用:日刊スポーツ

栃木県栃木市にある岩舟山では、かつて江戸時代から昭和にいたるまで土木の基礎建材が切り出されていました。

現在は採掘自体は行われておらず、跡地だけが残った「岩舟山採石場跡」では、いまでは特撮ヒーロー物では爆破シーンの定番として活用されています。

その他にも、コンサート等のイベントも行われていますので興味あるイベントがないかチェックしてみてください。

また、岩舟山にある高勝寺は西暦775年に建立されたとされ、県の重要文化財に指定される建築物がある歴史ある寺院です。

高勝寺は関東屈指の霊場でもあり、日本三大地蔵尊の1つとしても知られていますので、ロケ地巡りの際はぜひ一緒に訪れてみてください。

山中にたたずむ高勝寺
引用:LINEトラベルjp

600段ほどの長い階段がありますので、歩きやすい服装で訪れるように気をつけてくださいね。

場所・アクセス


「岩舟山採石場跡」は、JRの岩舟駅から徒歩で向かうことができます。

岩舟駅を出たら目の前の道を直進し、突き当たったら左折して600mほど進んだ先の曲がり角で右折して山の方向に向かいます。

最初の曲がり角を右に曲がり、あとは直進していけば「岩舟山採石場跡」に到着です。

また採石場跡に向かう途中には、岩舟山への登山道がありますので高勝寺に訪問する際はその登山道から訪れてください。

  • 住所:〒329-4307 栃木県栃木市岩舟町静
  • 最寄駅:JR岩舟駅
  • おすすめの行き方:岩舟駅から徒歩
  • 公式サイト:岩舟山

容疑者Xの献身のロケ地・撮影地2「清洲橋」

撮影されたシーン

清洲橋沿いで会話する湯川と花岡
引用:映画.com

石神の通勤場面など劇中の随所に登場する青い橋は、「清洲橋」です。

何気ない日常として登場しますが、事件のトリックに関連する重要なシーンも、この橋の周辺で撮影されています。

このロケ地の見どころ

清洲橋
引用:東京トリップ

隅田川にかかる「清洲橋」は、昭和3年に完成した交通の要所となる重要な場所です。

建築物としても歴史がありとても貴重なこの橋は、同じ隅田川にかかる勝鬨橋・永代橋と共に国の重要文化財にも指定されています。

また、ただ歴史があるだけでなく、2020年にはライトアップのための工事が完了し、隅田川とスカイツリーを眺めることができる夜景スポットとしても人気の場所となっています。

ライトアップされた清洲橋とスカイツリー
引用:ナショナルジオグラフィック

劇中では昼間のシーンが多く出てきていますが、夜に訪れてみるのもまたロケ地巡りとは違った良さがあるのでおすすめです。

そして隅田川の下流にある永代橋もロケ地として定番スポットですので、清洲橋を訪れたら一緒に訪問してみてくださいね!

場所・アクセス


「清洲橋」は、都営地下鉄大江戸線および東京メトロ半蔵門線の清澄白河駅から徒歩で向かうことができます。

清澄白河駅のB1出口を出たら目の前の大通りを右方向に進んでください。

そのまま道沿いに行って、隅田川に差し掛かったら、そこにかかっている橋が「清洲橋」です。

橋の周辺も映画に登場した場所が多くありますので、周囲も散策してみてくださいね。

  • 住所:東京都江東区清澄 1
  • 最寄駅:都営地下鉄大江戸線、東京メトロ半蔵門線 清澄白河駅
  • おすすめの行き方:清澄白河駅から徒歩
  • 公式サイト:清洲橋

容疑者Xの献身のロケ地・撮影地3「浜町公園」

撮影されたシーン

石神の通勤経路として使われていて、花岡の働く弁当屋が近くにある公園は、「浜町公園」です。

弁当屋も重要なロケ地ですが、残念ながら現在は閉店してしまっていますので訪問時は注意してくださいね。

このロケ地の見どころ

浜町公園
引用:フォートラベル

「浜町公園」は、東京の中央区で最大の面積を持つ、区を代表する公園です。

広い敷地内には、遊具や芝生の広場、運動広場などがありスポーツやお散歩、ピクニックなど各々の方法で楽しむ人たちでいっぱいになります。

その他にも、この公園ならではの施設として、園内には豊臣秀吉の七本槍として知られる加藤清正を祀る清正公寺があります。

清正公寺
引用:神社仏閣御朱印地図

小さなお寺ではありますが、日本史好きの方なら一度は訪れてほしい場所ですので園内の散策ついでにぜひお参りしてみてくださいね。

また、ロケ地としては有名所ではありませんが、ドラマ「新参者」や「南くんの恋人」などに登場していますので、それらの作品を観た方ならより楽しめる場所になっています!

場所・アクセス


「浜町公園」は、都営新宿線の浜町駅を出てすぐの場所にあります。

浜町駅にはA1とA2のふたつの出口があってどちらも公園の敷地横に出ることができますが、ロケ地巡りで浜町公園に行くにはA2出口を利用してください。

A2出口を出たら目の前に、劇中で石神が歩いたシーンで登場した公園入口の風景が広がっています。

JRを利用される方でしたら、都営新宿線への乗り換えは名前の通り新宿駅を利用する他に、秋葉原駅からすぐの岩本町駅などで乗り換えが可能です。

  • 住所:〒103-0007 東京都中央区日本橋浜町2丁目59−1
  • 休業日:無休
  • 最寄駅:都営新宿線 浜町駅
  • おすすめの行き方:浜町駅から徒歩


1 2