ロケシルおすすめの動画配信サービス11社を紹介

映画「きみの瞳が問いかけている」のロケ地は?原作は韓国の人気作品!

「きみの瞳(め)が問いかけている」は韓国の人気映画を、横浜流星と吉高由里子のダブル主演でリメイクし、2020年に公開された映画です。

映画「きみの瞳が問いかけている」
引用:クランクイン

この物語は、ある時間をきっかけにキックボクサー選手としての将来を絶たれてしまった篠崎塁(横浜流星)と、不慮の事故で視力を失った柏木明香里(吉高由里子)の偶然の出会いから始まるラブストーリーです。

感動的なストーリーはもちろん、目が不自由な女性という難役を演じる吉高由里子の演技力や、空手の世界大会で優勝経験を持つ横浜流星が演じるアクション映画さながらの格闘シーンは必見です!

今回は、そんな映画「きみの瞳が問いかけている」のロケ地を7ヶ所紹介します。

きみの瞳が問いかけているのロケ地・撮影地1「ほんいちパーキング」

撮影されたシーン

塁が働く駐車場で出会う2人
引用:きみの瞳が問いかけている:公式

塁と明香里の2人が運命的な出会いした駐車場のロケ地となったのは、「ほんいちパーキング」です。

劇中に登場した管理人室は、この映画のために作られたセットなので現在は設置されていませんのでご注意ください。

このロケ地の見どころ


「ほんいちパーキング」は、静岡県の富士市、吉原商店街にある有料の駐車場です。

主に郊外から、吉原商店街を訪れる際に利用されています。

吉原商店街は、飲食店や生活雑貨、服飾雑貨にお土産屋までいろいろな店舗が集まる昔ながらの商店街です。

毎月1日には一の市を開催していて、各店舗がお買い得商品をワゴン販売しているほかに外部からの出店もあってとてもにぎわいます。

また、富士市といえばB級グルメのつけナポリタンが有名ですが、商店街内にある喫茶アドニスで食べることができます。

富士市名物・つけナポリタン
引用:富士じかん

トマトと地元の鶏を使ったガラスープにとろけるチーズ、富士市特産の桜えびをトッピングした、少し珍しいながらもやみつきになる一品です!

ロケ地見学の際は「ほんいちパーキング」に車を停めて、吉原商店街の一の市でお土産を探したり食べ歩きをしたりして楽しんではいかがでしょうか。

場所・アクセス


「ほんいちパーキング」は、岳南電車の吉原本町駅から徒歩すぐの場所にあります。

駅を出たら左方向に進んで、最初の交差点を左折してください。

左折したら、最初の曲がり角を右に入れば「ほんいちパーキング」はすぐに見えてきます。

また、目的地が駐車場ですので運転できる方は車の利用もおすすめです。

東名高速の富士インターチェンジから10分ほどの距離にありますので、車での訪問も検討してみてくださいね!

  • 住所:〒417-0051 静岡県富士市吉原2丁目11−33
  • 営業時間:24時間営業
  • 休業日:無休
  • 最寄駅:岳南電車 吉原本町駅
  • おすすめの行き方:吉原本町駅から徒歩

きみの瞳が問いかけているのロケ地・撮影地2「レンガ坂」

撮影されたシーン

塁が明香里をおんぶして上がった長く続く階段は、横浜市保土ヶ谷区の「レンガ坂」です。

塁の男らしい姿が見られるシーンです。

このロケ地の見どころ

レンガ坂
引用:FOURSQUARE

一般的には、みなと街のイメージが強い横浜市ですが、実は丘陵地帯が多くあります。

そんな中で、保土ケ谷区にある「レンガ坂」は明治後期から大正時代にかけて、水道管工事の際に必要な階段をレンガで建造したことから、この名称がついています。

劇中で見られたように、今ではコンクリートの階段に変わっていますが、階段の踊り場には今でもレンガが使用されています。

また、この階段を上った先にある峰岡町三丁目公園は、広末涼子主演の映画「秘密」のロケ地となっています。

20年以上前の作品ですが、今でも色褪せない名作ですので、もし未見の方はこのロケ地めぐりも何かの縁と思って鑑賞してみてはいかがでしょうか?

場所・アクセス


「レンガ坂」は、相鉄線の和田町駅から徒歩で行ける場所にあります。

和田町駅の北口を出たら、左手に向かって進んでいき国道16号線を渡ってください。

国道を渡ったら右に曲がって、またすぐに次の曲がり角を左に進みます。

その後は、次の交差点で右に曲がって直進していけば、映画の中で塁たちが上がった階段が見えてきます。

  • 住所:〒240-0064 神奈川県横浜市保土ケ谷区峰岡町3丁目
  • 最寄駅:相鉄線 和田町駅
  • おすすめの行き方:和田町駅から徒歩

きみの瞳が問いかけているのロケ地・撮影地3「波崎ウインドファーム」

撮影されたシーン

2人がデートで訪れた、風車が印象的な海岸は、「波崎ウインドファーム」がロケ地になりました。

この場所では物語のラストシーンも撮影されています。

このロケ地の見どころ

波崎ウインドファーム
引用:観光いばらき

「波崎ウインドファーム」は、茨城県の神栖市にある海岸線に設置された12基の風車を擁する風力発電所です。

コスモ石油のCMなどで使用されたこともあるため、見覚えがある方も多いかもしれません。

付近には簡易な展望台があり、そこから眺める朝焼けや夕焼けはとても幻想的で美しく人気の観光スポットになっています。

また風車の真下まで近づくこともでき、遠くから眺める穏やかな印象とは一変して、発電中の風車は轟音を響かせるすごい迫力です。

風車に近づく経験はなかなかできないと思いますので、ロケ地見学で訪れた際はぜひ間近まで歩いてみてくださいね。

ただ、施設周辺にトイレがないため訪問時は注意してください。

場所・アクセス


「波崎ウインドファーム」は公共交通機関利用で訪れようとした場合、最寄り駅の銚子駅まで行ってから、あとは20分ほどタクシーを利用する必要があります。

そのため、車を利用できる方は、車での訪問がおすすめです。

車の場合は東関東自動車道の潮来インターチェンジを利用してから30分ほどの距離になります。

潮来インターチェンジをおりたら、そのままの方向で県道50号に入ってから道なりに進んで行ってください。

しばらく進んで平泉の信号についたら右折して国道124号に入ります。

その後、10kmほど進んだ太田の信号で左折して県道241号に入り、突き当りまで進んだら右に曲がってください。

海沿いの道を3kmほど直進していけば「波崎ウインドファーム」に到着です。

  • 住所:〒314-0341 茨城県神栖市矢田部
  • 最寄駅:JR総武本線 銚子駅
  • おすすめの行き方:東関東自動車道 潮来ICから車
  • 公式サイト:コスモエコパワー株式会社

きみの瞳が問いかけているのロケ地・撮影地4「メモリアルグリーン」

撮影されたシーン

塁と明香里が2人で明香里の両親のお墓参りに訪れたのは、「メモリアルグリーン」がロケ地になりました。

実際の墓地での撮影となっています。

このロケ地の見どころ

横浜市営墓地メモリアルグリーン
引用:メモリアルグリーン

「メモリアルグリーン」は、2005年に閉園した遊園地・横浜ドリームランドの跡地に整備された俣野公園内にある市営墓地です。

水と樹林や草花に包まれた霊園をコンセプトとしており、まるで庭園のような広々とした緑の芝生が広がっていることが特徴となります。

この墓地は、2021年に公開された山崎賢人主演の映画「夏への扉 ーキミのいる未来へー」のロケ地にも使われているため、そちらを鑑賞された方は、より楽しめるロケ地めぐりになるかと思います。

周りにはお墓参りをされている方がいる場合もあるため、静かにロケ地めぐりを楽しんでくださいね!

場所・アクセス


「メモリアルグリーン」は、横浜市営地下鉄の下飯田駅が最寄りですが、駅からは距離があります。

JRや横浜市営地下鉄の戸塚駅からであれば、近くまでバスが出ているので訪問にはそちらを利用するのが便利です。

戸塚駅西口の2番バス乗り場から神奈川中央交通バスの戸50系統(ドリームハイツ行)、または戸52・55系統(俣野公園・横浜薬大前行)で、「俣野公園・横浜薬大前」まで行ってから下車してください。

バス停は公園の入り口にありますので、球場の横を通って公園内を進んでいけば「メモリアルグリーン」まで行くことができます。

広い園内ですが、散歩のつもりで歩いてみてください。

  • 住所:〒245-0066 神奈川県横浜市戸塚区俣野町1367−1
  • 営業時間:8:00~18:00
  • 休業日:無休
  • 最寄駅:横浜市営地下鉄 下飯田駅
  • おすすめの行き方:JRおよび横浜市営地下鉄 戸塚駅からバス 
  • 公式サイト:横浜市営墓地メモリアルグリーン


1 2