ロケシルおすすめの旅行会社(旅行サービス)厳選10社を紹介

映画「コンフィデンスマンJP『プリンセス編』」のロケ地/撮影地を厳選して紹介!ホテルはどこが舞台?

映画「コンフィデンスマンJP『プリンセス編』」は、2018年にフジテレビで放送されたドラマシリーズが人気を博し、2020年に公開された劇場版第2作目となる作品です。

劇場版「コンフィデンスマンJP『プリンセス編』」
引用:映画.com

「コンフィデンスマンJP」シリーズは、ダー子(長澤まさみ)、ボクちゃん(東出昌大)、リチャード(小日向文世)の3人を中心とした信用詐欺師集団が、世界中のあらゆる金の亡者”オサカナ”たちから大金を奪い取る、騙し合いのストーリーです。

中でも本作の舞台は、マレーシアのランカウイ島!

広大なリゾート地で巻き起こされる騙し合いのロケ地を厳選してご紹介します。

コンフィデンスマンJP「プリンセス編」のロケ地・撮影地1「セントレジス・ランカウイ」

撮影されたシーン

セントレジス・ランカウイ
引用:HIS

本作のストーリーは、世界屈指の大富豪・フウ家の遺産相続が中心となり、一族が暮らす大豪邸が主な舞台です。

その大豪邸のロケ地こそが、「セントレジス・ランカウイ」です。

このロケ地の見どころ

セントレジス・ランカウイのオーシャンビュールーム
引用:Rakuten Travel

「セントレジス・ランカウイ」は、東南アジアきってのリゾート地・ランカウイ島の中でも屈指の高級リゾートホテルです。

熱帯雨林と美しいビーチの間に建ち、東南アジアらしい景色を堪能できる贅沢な立地が魅力です。

客室は85室のスイートと4つの水上ヴィラからなり、ホテルの立地を生かしオーシャンビュールームとレインフォレストビュールームが選択できます。

いずれも専用のバトラーサービスが備えられ、滞在中のサポートも充実しています。

都会の喧噪から離れて自然を楽しみ、贅沢な時を過ごしたい方にはぴったりの場所と言えますね!

場所・アクセス


「セントレジス・ランカウイ」は、マレーシア・ランカウイ島南部のクア地区に位置しています。

ランカウイ国際空港からは車で約20㎞、所要時間約30分ほどの距離です。

ランカウイ島内では電車やバスといった公共交通機関がないため、基本的には車での移動になります。

日本と比較すると物価が非常に安いためタクシー利用がお得ですが、観光客へのぼったくり被害なども少なくないため、事前にオプショナルツアーで送迎車を予約しておくこともおすすめです。

コンフィデンスマンJP「プリンセス編」のロケ地・撮影地2「フォーシーズンズリゾート・ランカウイ」

撮影されたシーン

フウ家の開いたお披露目パーティ
引用:映画.com

フウ家の次期当主”ミシェル”のお披露目パーティの会場には、「フォーシーズンズリゾート・ランカウイ」が使用されました。

フウ家以外の富豪や著名人が集うということで、あらゆる詐欺師たちもこぞって集結していましたね!

このロケ地の見どころ

フォーシーズンズリゾート・ランカウイ
引用:Tripadvisor

「フォーシーズンズ・ランカウイ」は、セントレジス同様にランカウイ島にある高級リゾートホテルの内の1つです。

マレー様式とアラビアン調が融合したエキゾチックな内装が特徴的です。

どの客室も風通しの良い開放的な造りとなっており、自然に溶け込んだ暮らしを体験できます。

フォーシーズンズリゾート・ランカウイの客室
引用:Fortynine Resorts

まさに“ミシェル”のお披露目の場に相応しく、彼女のドレス姿もより美しく際立っていましたよね。

場所・アクセス


「フォーシーズンズリゾート・ランカウイ」は、ランカウイ島北部のタンジュンルー地区にあります。

こちらも空港からは車で約20㎞、所要時間約30分の場所にあり、タクシーや送迎車の手配がおすすめです。

先ほどの「セントレジス・ランカウイ」とは空港を中心に真逆の場所に位置するため、同じ島の中でもまた違った雰囲気が味わえそうですね!

コンフィデンスマンJP「プリンセス編」のロケ地・撮影地3「マハティール記念館」

撮影されたシーン

フウ家の長男、クリストファー・フウ(古川雄大)が演説を繰り広げていたシーンは、「マハティール記念館」で撮影されました。

作中ではドバイの設定でしたが、こちらも実はランカウイ島内の建物でした!

このロケ地の見どころ

マハティール記念館
引用:4travel.jp

「マハティール記念館」は、1981年から約20年もの間マレーシア首相を務めた、マハティール・ビン・モハマド氏のゆかりの品を展示した博物館です。

劇中で伺える緻密な装飾が施された館内はもちろんのこと、マレーシアの伝統的な木造彫刻やガラス細工、民族楽器、織物など、あらゆる文芸品の展示を楽しむことができます。

さらにはマレーシアの文芸品だけに留まらず、世界各国のあらゆる品々が展示されています。

それらはすべて、首相時代の外交で関わった国々からの贈り物で、中には博多人形といった日本からの品も見受けられます。

長年に渡って国のトップとして君臨されたモハマド氏の功績が伺えますね。

場所・アクセス


「マハティール記念館」は、ランカウイ島北部・タンジュンルー地区にあります。

空港からは車で約22㎞、所要時間約30分の場所にあり、同じく車での移動がおすすめです。

先ほどご紹介した同じ地区にある「フォーシーズンズリゾート・ランカウイ」とは車で片道約15分ほどの距離ですので、あわせて訪れることもおすすめです。

リゾート滞在の傍らに訪れて、異文化を感じてみてはいかがでしょうか?

  • 住所:Jalan Ayer Hangat, Kampung Kilim, 07000 Langkawi, Kedah, マレーシア
  • 営業時間:9am – 5pm
  • 休業日:毎月初めの月曜日
  • おすすめの行き方:車、タクシー
  • 公式サイト:マハティール記念館

コンフィデンスマンJP「プリンセス編」のロケ地・撮影地4「大宮璃宮」

撮影されたシーン

ダー子とミシェルがフウ家の会食
引用:映画.com

ミシェルとダー子が初めてフウ家と会食をした場所は、埼玉県にある「大宮璃宮」です。

リゾート感溢れる雰囲気ですので、ランカウイ島内での撮影だと思われた方も多いのではないでしょうか?

このロケ地の見どころ

大宮璃宮
引用:会場ベストサーチ

「大宮璃宮」は、日本の大手ウェディング企業の1つである「株式会社ベストブライダル」が運営を手がける結婚式場の1つです。

四季折々の緑に囲まれた庭園が特徴的で、まるで森の中にいるような気分になれる造りとなっています。

会食のシーンでは、その中の「オリエンタルテラス」という場所が使用されており、緑だけでなくプールが会場を囲み、東洋的な雰囲気を演出してくれます。

オリエンタルテラス
引用:みんなのウェディング

場所・アクセス


「大宮璃宮」は、埼玉県さいたま市にあります。

JR「土呂駅」より徒歩9分または、JR「大宮駅」より無料送迎バスに乗車して約20分ほどで到着できます。(土日のみ)

土日に訪れる際には大宮駅から無料送迎バスに乗って行くのが便利ですね。

館内の見学には事前の予約が必要ですので、訪問されたい場合はご注意ください。

  • 住所:〒331-0813 埼玉県さいたま市北区植竹町1−816-7
  • 営業時間:平日12pm – 8pm / 土日祝9am – 8pm
  • 休業日:毎月・火曜日
  • 最寄駅:JR「土呂駅」
  • おすすめの行き方:電車
  • 公式サイト:大宮璃宮

コンフィデンスマンJP「プリンセス編」をご覧になりたい方へ


※時期によっては上記のサイトで配信されていない場合がありますのでご注意ください

また、ロケシルおすすめの動画配信サービスも11社一覧で紹介しておりますので、映画やドラマを身漁りたいという方はぜひチェックしてみてください。

動画配信サービス11社を一覧で紹介!比較方法やおすすめランキング付き

コンフィデンスマンJP「プリンセス編」のロケ地・撮影地についてのまとめ


今回は、「コンフィデンスマンJP『プリンセス編』」のロケ地を紹介しました。

大富豪の一族が関わる場所ということもあり、ラグジュアリーな場所が多いです。

訪れてみると、”ミシェル”のように初めは緊張してしまうかもしれません。

しかし「気持ち次第でなりたい自分になれる」という劇中の言葉の通り、ロケ地巡りをきっかけに、なりたい自分像を見つけるきっかけを見つけ出せるかもしれません!

ぜひ1度コンフィデンスマンJP『プリンセス編』」のロケ地を訪れてみてくださいね。