ロケシルおすすめの旅行会社(旅行サービス)厳選10社を紹介

映画「嘘八百」のロケ地は大阪・堺!詐欺師たちの騙し合いが魅力の撮影地とは

嘘八百のロケ地・撮影地5「堺市博物館」

撮影されたシーン

利休について熱く語る田中
引用:映画.com

利休の展示品を見学するために、則夫と佐輔が訪れた博物館のロケ地は、「堺市博物館」です。

学芸員の田中(塚地武雅)は来館した2人に利休の歴史を熱弁します。

このロケ地の見どころ

堺市博物館
引用:大阪周遊パス

「堺市博物館」は、堺市の90周年記念事業の一環として、大仙公園の中に設立された博物館です。

世界遺産にも登録されている百舌鳥古墳群と、堺の歴史や文化をテーマとしており、世界最大級の墳墓である仁徳天皇陵古墳の出土品や、本作のテーマでもある千利休に関連する資料や工芸品など、多くの堺市ゆかりの品々が展示されています。

仁徳天皇陵古墳
引用:otent

展示品には国の重要文化財や、大阪府や堺市指定の文化財などもあるほか、この施設自体も国の登録有形文化財に指定される茶室を有しています。

そんな見どころいっぱいの博物館ですが、この博物館のある大仙公園のすぐ隣には仁徳天皇陵古墳もあるので、ぜひ一緒に訪れてみることをおすすめします。

場所・アクセス


「堺市博物館」は、JR阪和線の百舌鳥駅からすぐの場所にある大仙公園の中にあります。

百舌鳥駅の西口を出たら、目の前の御陵通りを駅を背にする方向に進んでいってください。

最初の信号がある場所で左に入れば大仙公園です。

あとは道なりに進んでいって、最初の分岐で右方向に曲がればすぐに「堺市博物館」です。

  • 住所:〒590-0802 大阪府堺市堺区百舌鳥夕雲町2丁 大仙公園内
  • 営業時間:9:30~17:15
  • 休業日:月曜日
  • 最寄駅:JR阪和線 百舌鳥駅
  • おすすめの行き方:百舌鳥駅から徒歩
  • 公式サイト:堺市博物館

嘘八百のロケ地・撮影地6「旧堺燈台」

撮影されたシーン

夕陽を眺める則夫たち
引用:映画.com

則夫と佐輔、田中の3人が夕陽を眺めながら利休について想いを巡らせた場所は、「旧堺燈台」でロケが行われました。

このロケ地の見どころ

旧堺燈台
引用:じゃらんnet

「旧堺燈台」は現存する最古の木製の洋式灯台として、国の史跡にも指定されている施設です。

高さ11mのこの灯台は、明治時代から1世紀にわたり堺港に行き交う船の航行を見守っていましたが、周辺の埋め立てが進んだことからその灯台としての役割を終え、現在では堺市のシンボルとして親しまれています。

この灯台は大阪屈指の夕日の名所としても知られている場所なので、訪問は夕焼け時がおすすめです!

もちろん明るい時間帯の青い空と海をバックにした姿も見応えは十分です。

ロケ地巡りでは、堺でも有数の観光地である「旧堺燈台」にぜひ足を運んでみてください。

場所・アクセス


「旧堺燈台」は、南海本線の堺駅から徒歩10分ほどの場所にあります。

堺駅の南出口を西側から出たら、すぐに左方向に進んでフェニックス通りまで行ってください。

フェニックス通りに着いたら、右に曲がって道なりに海の方向に進んでいけば「旧堺燈台」です。

旧堺燈台周辺は高速道路入口などで入り組んでいるので、交通には気をつけて訪問してください。

  • 住所:〒590-0974 大阪府堺市堺区大浜北町5丁1
  • 営業時間:24時間営業
  • 休業日:無休
  • 最寄駅:南海本線 堺駅
  • おすすめの行き方:堺駅から徒歩
  • 公式サイト:堺市

嘘八百のロケ地・撮影地7「神戸空港」

撮影されたシーン

則夫と佐輔がだまし取った1億円を、いまりが勝手に持ち出して新婚旅行へ旅立とうとした空港は、「神戸空港」がロケ地になりました。

1億円を持ち去られてしまったことにもめげずに、則夫たちは再び贋作で荒稼ぎしようと言う決意を固めることになります。

このロケ地の見どころ

神戸空港
引用:神戸っ子

「神戸空港」は、関西国際空港や伊丹空港に続く、関西第3の空の窓口として利用される空港です。

神戸市の中心部である三宮から、ポートアイランド線でわずか20分ほどの好立地にあることから、新幹線の駅よりも空港が近い人にとっては、新幹線以上に便利な交通手段となります。

1日に80便にもおよぶ飛行機の発着があり、行き先は羽田空港や新千歳空港、那覇空港などの国内主要空港だけでなく、九州や四国への短距離便から、東北の地方空港までさまざまです。

2022年現在は、いくつかのレストランやお土産屋があるだけの小規模な空港ですが、将来的には国際線の就航も計画されていますので、今後ますます発展する可能性を秘めた空港として注目してみるのもいいかもしれません。

空港内の見学できる場所は限られていますが、空港から少し足をのばすだけで、南京中華街や北野異人館街、神戸ハーバーランドなどの有名観光地にも行くことができますので、時間がある方はロケ地巡りと併せて神戸観光も楽しんでみてください。

場所・アクセス


「神戸空港」は、神戸新交通ポートアイランド線で、三宮駅から乗り換え無しで行くことができます。

三宮駅はJRや地下鉄、阪神電車などが乗り入れる神戸のターミナル駅となっていますので、神戸空港へ訪れる場合はまず三宮に出てから乗り換えるのがおすすめです。

また、もちろん飛行機を利用して直接訪問することも可能です。

羽田空港や新千歳空港、那覇空港など国内の主要空港からは毎日複数便が発着していますので、遠距離から訪れる場合は飛行機利用も検討してみてください。

  • 住所:〒650-0048 兵庫県神戸市中央区神戸空港1
  • 休業日:無休
  • 最寄駅:神戸新交通ポートアイランド線 神戸空港駅
  • おすすめの行き方:三宮駅から神戸新交通ポートアイランド線を利用
  • 公式サイト:神戸空港

嘘八百をご覧になりたい方へ


※時期によっては上記のサイトで配信されていない場合がありますのでご注意ください

また、ロケシルおすすめの動画配信サービスも11社一覧で紹介しておりますので、映画やドラマを身漁りたいという方はぜひチェックしてみてください。

動画配信サービス11社を一覧で紹介!比較方法やおすすめランキング付き

関連外部リンク

嘘八百のロケ地・撮影地についてのまとめ


映画「嘘八百」の舞台となった大阪の堺市は、政令指定都市になるほど大きな都市ですので、今回紹介した場所以外にも多くの見どころがあります。

「仁徳天皇陵古墳」のような歴史的に貴重な場所や、大阪の雰囲気を存分に感じられるお祭りの数々、あなごやどて鍋といった名物グルメなど、ロケ地巡りだけでなく観光地としても十分に楽しむことができるはずです。

ロケ地巡りの際には、映画では描ききれなかった堺市の魅力を探してみてくださいね!

1 2