ロケシルおすすめの旅行会社(旅行サービス)厳選10社を紹介

映画「昼顔」禁断の恋のロケ地は? 社会現象にもなったドラマの続編!

映画「昼顔」は、2014年に放送された大ヒットドラマの続編として、上戸彩の主演で2017年に公開されました。

この映画のタイトルになっている「昼顔」は、平日の昼間に夫以外の男性と恋をする女性を意味する造語であり、ドラマが放送された2014年には流行語大賞にノミネートされるなど社会現象を巻き起こしました。

映画「昼顔」
引用:映画.com

お互い結婚して幸せな家庭を持ちながらも、いつしか一線を超え愛し合うようになった笹本紗和(上戸彩)と北野裕一郎(斎藤工)ですが、その関係が周囲に発覚したことで2人は全てを失うことになりました。

それから3年が経ち、お互いはそれぞれの人生を歩み始めますが、運命の悪戯により再び巡りあったことで新たな禁断の恋に落ちていくことになります。

許されないとわかりながらも2人が愛を育んでいくこの映画のロケ地は、紗和が暮らす海沿いの街から、逢瀬の場所となる渓流までさまざまなところで行われています。

今回は、そんな映画「昼顔」の中でも重要なシーンで使われた場所ばかりを厳選して8ヶ所のロケ地を紹介します!

昼顔のロケ地・撮影地1「インドレストランカフェ カリカ」

撮影されたシーン

カフェ「SHORE BREAK」のオーナー・杉崎
引用:映画.com

紗和が働くことになる、杉崎(平山浩行)が経営するカフェのロケ地は、「インドレストランカフェ カリカ」です。

このロケ地の見どころ

インドレストランカフェ カリカ
引用:トリップアドバイザー

「インドレストランカフェ カリカ」は、三崎の海と房総半島を一望できる絶景が評判のインド料理屋です。

お店の看板メニューは、スパイスから完全オリジナルの本格的なインドカレーやタンドリーチキンで、一度食べたらきっとやみつきになる美味しさです!

最高の景色を眺めることのできるテラス席では、バーベキューができるスペースもあり、食材などが用意されている手ぶらバーベキューコースもあります。

また、扱っているお酒も豊富で、居酒屋利用も可能ですので、インド料理をつまみに友人とワイワイ楽しむのもおすすめですよ。

いろいろな楽しみ方ができる「インドレストランカフェ カリカ」にぜひ足を運んでみてくださいね。

場所・アクセス


「インドレストランカフェ カリカ」は、京浜急行久里浜線のYRP野比駅から徒歩10分ほどの場所にあります。

YRP野比駅の改札を出たら左に進んでいき、野比駅入口信号を右折して国道134号に入って下さい。

道なりに550mほど進めば、劇中でも見慣れた建物が見えてくるので、そちらが「インドレストランカフェ カリカ」です。

  • 住所:〒239-0842 神奈川県横須賀市長沢2丁目1−9
  • 営業時間:11:00~20:30
  • 休業日:不定休
  • 最寄駅:京浜急行電鉄久里浜線 YRP野比駅
  • おすすめの行き方:YRP野比駅から徒歩
  • 公式サイト:カリカ

昼顔のロケ地・撮影地2「三郷市文化会館」

撮影されたシーン

紗和と裕一郎の再会のきっかけになった講演会の会場は、「三郷市文化会館」がロケ地になりました。

劇中では三浜市民会館として登場しています。

このロケ地の見どころ

三郷市文化会館
引用:こくちーずスペース

「三郷市文化会館」は、コンサートや発表会、会議などいろいろな用途で使われる多目的施設です。

施設内には音響も整った大小のイベントホールや会議室、ダンスなどに使える練習室などがあり、市民にも貸し出しされています。

お笑いのライブやアーティストのコンサートなど有名人がやってくることも多く、そんなイベントの際には施設が人でいっぱいになります。

ロケ地巡りでこの施設を訪れたなら、同じ三郷市内の「みさと公園」や、その対岸にある葛飾区の「水元公園」など付近の定番ロケ地にも足を運んでみることをおすすめします。

それぞれ、ドラマ「彼女はキレイだった」や映画「あさひなぐ」など多数の作品で使われているので、ロケ地巡りでは外すことができない場所ですよ!

ドラマ「彼女はキレイだった」ロケ地を紹介!原作は韓国人気作品 映画「あさひなぐ」のロケ地とは?乃木坂46がなぎなたに挑戦!

場所・アクセス


「三郷市文化会館」は、JR武蔵野線の三郷駅が最寄りですが、徒歩では距離があるためバス利用での訪問がおすすめです。

三郷駅北口から早01、三13、15系統のバスに乗車して、「文化会館東」バス停まで移動します。

バスを下車したら、進行方向とは反対に進んですぐの文化会館東交差点を右に入って少し進めば「三郷市文化会館」です。

  • 住所:〒341-0018 埼玉県三郷市早稲田5丁目4−1
  • 営業時間:9:00~21:30
  • 休業日:無休
  • 最寄駅:JR武蔵野線 三郷駅
  • おすすめの行き方:三郷駅からバス乗車 文化会館東バス停で下車して徒歩
  • 公式サイト:三郷市文化会館

昼顔のロケ地・撮影地3「観音の滝」

撮影されたシーン

周囲に隠れて出会いを繰り返す紗和と裕一郎
引用:映画.com

紗和と裕一郎の再会の場所であり、2人の秘密の場所となった三浜自然の森のロケ地になったのは、「観音の滝」です。

このロケ地の見どころ


「観音の滝」は、埼玉県飯能市の山中にある小さな滝です。

細い山道のすぐ脇に緑に囲まれた滝と清流があって、有名な観光地ではないものの、静かで落ち着ける場所になっています。

残念ながら滝の真下は私有地のため近づくことはできませんが、滝の音を感じながら自然に包まれてのんびりしてみるのもいいですね。

また滝の最寄りの小殿バス停からは、関東ふれあいの道のひとつにも指定される竹寺登山口も近くにあるので、歩くのがお好きな方は「観音の滝」訪問後にトレッキングを楽しんでみてはどうでしょうか?

場所・アクセス


「観音の滝」は、最寄りである西武秩父線の西吾野駅からは距離があり徒歩で向かうのは不便なため、西武池袋線の飯能駅からのバス利用がおすすめです。

飯能駅からは、飯01,02,03系統に乗車して小殿バス停まで向かいます。

バスを降りて進行方向に進んでいくと上り坂と下り坂に分岐しているので、下り方向に進んでから橋を渡ってください。

橋を越えてさらに500mほど道なりに進んだら、左側に「観音の滝」が見えてくるはずです。

看板も何もない場所ですので、注意しながら進んでいってくださいね!

  • 住所:〒357-0111 埼玉県飯能市上名栗3010−3
  • 最寄駅:西武秩父線 西吾野駅
  • おすすめの行き方:西武池袋線飯能駅からバス乗車 小殿バス停で下車して徒歩

昼顔のロケ地・撮影地4「ケープ真鶴」

撮影されたシーン

別れを切り出す裕一郎
引用:映画.com

三浜自然の森の最寄りバス停として、劇中にたびたび登場したのは、「ケープ真鶴」のバス停です。

ここでバスに乗る前に別れを切り出した裕一郎ですが、その直後には修羅場が待っていました。

このロケ地の見どころ

ケープ真鶴
引用:ケープ真鶴

「ケープ真鶴」は、真鶴半島の先端にあり、レストランや休憩室、お土産屋さんなどがある施設です。

階段を下った先の展望広場からは相模湾を一望することができ、天気が良いときは伊豆半島まで見られます。

海にポツンと浮かんで見える三ツ石は真鶴でも有数の景勝地として有名で、干潮時には歩いて渡ることもできるため、もし陸地続きになっている姿が見えたら三ツ石まで足を伸ばしてみてもいいですね。

景勝地の三ツ石海岸
引用:ニッポン旅マガジン

また、この施設周辺の真鶴岬には、クスノキなどの照葉樹林や松林で構成された遊歩道もあり、林野庁が定める森林浴の森100選にも選ばれるほどですので、岬からの絶景を楽しんだ後は、ぜひ遊歩道も散策してみてください!

場所・アクセス


映画の撮影が行われた「ケープ真鶴」のバス停は、JR東海道線の真鶴駅からバスを利用していくことができます。

真鶴駅からはケープ真鶴行きの終点のバスが出ていますので、そちらに乗車すれば20分ほどで到着です。

  • 住所:〒259-0201 神奈川県足柄下郡真鶴町真鶴
  • 最寄駅:JR東海道線 真鶴駅
  • おすすめの行き方:真鶴駅からバス乗車 ケープ真鶴バス停で下車してすぐ


1 2