ロケシルおすすめの旅行会社(旅行サービス)厳選10社を紹介

映画「神様のカルテ」のロケ地は信州!魅力いっぱいの撮影地を紹介

「神様のカルテ」は、現役の医師でもある作家・夏川草介による小説シリーズを原作として、櫻井翔の主演で2011年と2014年に公開された映画です。

2021年には福士蒼汰の主演でドラマ化されるなど、原作は今なお根強い人気を持っています。

映画「神様のカルテ」
引用:amazon

本作は、信州の地方病院に勤務する医師・栗原一止(櫻井翔)を主人公として、妻の榛名(宮崎あおい)や周囲の医師や看護師、患者に支えられながら多くの問題に立ち向かい成長していく姿を描いたヒューマン医療映画です。

一止が働く本庄病院は、かつて作者が勤務した病院がロケ地となっているなど、本作は作者ゆかりの場所を中心に映画の撮影が行われています。

今回は、そんな映画「神様のカルテ」のロケ地を厳選して7ヶ所紹介します!

神様のカルテのロケ地・撮影地1「相沢病院」

撮影されたシーン

一止を頼って本庄病院に入院する安曇(加賀まりこ)
引用:映画.com

一止が働く本庄病院のロケ地となったのは、「相澤病院」です。

「相澤病院」は、原作者の夏川草介がかつて実際に勤務したことのある場所です。

このロケ地の見どころ

相澤病院
引用:相澤病院

「相澤病院」は、長野県松本市の基幹病院として、日々地域住民の健康と命を守ることに貢献している病院です。

首都圏の最新鋭の医療にも負けない医療サービスを目指して努力を続けることで、市内県内だけでなく近隣県からも広く患者さんを受け入れています。

スピードスケートのメダリスト・小平奈緒の所属先としても知られており、スポーツを通じた地域振興にも注力していることも特徴です。

過去には経営が傾いたこともありましたが、大胆な改革により立て直しに成功しており、その体験談は、小泉孝太郎主演のドラマ「病院の治しかた」で実写化もされているほどですので、すでにこの病院のことを知っている方もいらっしゃるかもしれません。

映画と同じく24時間365日、医師や看護師の皆さんが頑張っている場所ですので、ロケ地巡りで訪れた際にはお邪魔にならないよう、外観から眺める程度にしておいてくださいね。

場所・アクセス


「相澤病院」への訪問は、松本駅からのバス利用が便利です。

松本駅のお城口を出て、松本周遊バスのタウンスニーカー南コースに乗車し、6分ほどの「相澤病院」バス停で下車したら、目の前が病院の入り口になっています。

  • 住所:〒390-8510 長野県松本市本庄2丁目5−1
  • 営業時間:9:00~17:00
  • 休業日:日曜日
  • 最寄駅:JR松本駅
  • おすすめの行き方:松本駅からバス乗車 相澤病院バス停で下車して徒歩
  • 公式サイト:相澤病院

神様のカルテのロケ地・撮影地2「中の橋」

撮影されたシーン

本庄病院での勤務が終わった一止が、自宅の御嶽荘への帰り道に通った橋は、「中の橋」です。

一止の帰路には、後ろに松本城が見える道があるなど信州の魅力が詰まっています!

このロケ地の見どころ

中の橋
引用:E-CURE

「中の橋」は、松本市の繁華街を南北に分ける女鳥羽川にかかる、松本市の交通の要所となっている橋です。

赤い欄干が特徴で、橋の中央から欄干越しに眺める信州の山々の美しい姿は、知る人ぞ知る写真撮影スポットにもなっています。

往年の名作ドラマ「白線流し」や、映画「orange」でも使用された場所のため、ロケ地巡り好きの方には絶対外せない場所になっています。

ぜひ足を運んでみてください!

脇にある階段からは川岸に降りることもできるので、川の間近で女鳥羽川に生息する野鳥をのんびり眺めて癒やしを感じてみるのもおすすめですよ。

場所・アクセス


「中の橋」は、JR松本駅から徒歩で1kmほどですが、近くにバス停があるためバスを利用しての訪問がおすすめです。

バスは、松本駅のお城口から出ている松本周遊バスのタウンスニーカー東コースに乗車し、「中町・蔵シック館」バス停まで移動してください。

下車後はバスの進行方向に進んで、最初の左への曲がり角で左折して直進すれば、すぐに女鳥羽川が見えてきます。

そこにかかるのが「中の橋」です。

  • 住所:〒390-0874 長野県松本市大手4丁目1
  • 最寄駅:JR松本駅
  • おすすめの行き方:松本駅からバス乗車 中町・蔵シック館バス停で下車して徒歩

神様のカルテのロケ地・撮影地3「放光寺」

撮影されたシーン

星を見る御嶽荘の住人たち
引用:映画.com

一止が暮らす御嶽荘の入り口にある階段のロケ地として使われたのは、「放光寺」です。

長い階段で一止と榛名が向かい合うシーンが印象的ですね!

このロケ地の見どころ

放光寺
引用:Wikipedia

「放光寺」は、信濃でも有数の厄除け観音として知られる場所です。

毎年、1月には江戸時代から伝わる厄除け大祭が行われていて、県内外から数多くの参拝客が訪れます。

本堂に所蔵されている十一面観音立像は、聖徳太子が作ったとされていて、松本地方で最古の木造仏と言われています。

長野県宝にも指定されているほどの歴史的価値のある品です。

残念ながら普段は非公開となっていて、7年に一度だけ一般公開される秘仏となっていますが、本堂の外からお祈りするだけでもきっとご利益があるはずですよ!

映画でも一止が歩いていた階段は、かなりの傾斜がありますので、歩きやすい服装での訪問がおすすめです。

場所・アクセス


「放光寺」はJR北松本駅が最寄りですが、距離があるためJR松本駅からバスを利用するのがおすすめです。

JR松本駅のお城口からアルピコ交通のアルプス公園線に乗車して、放光寺バス停まで移動します。

バスを下車したら、バスの進行方向に向かって直進していけば、映画で出てきた長い階段が見えてくるので、そこを登れば「放光寺」に到着です。

  • 住所:〒390-0861 長野県松本市蟻ケ崎1283
  • 営業時間:9:00~15:30
  • 休業日:無休
  • 最寄駅:JR北松本駅
  • おすすめの行き方:JR松本駅からバス乗車 放光寺バス停で下車して徒歩
  • 公式サイト:放光寺

神様のカルテのロケ地・撮影地4「三柱神社」

撮影されたシーン

一止と榛名がお参りに行くシーンなど劇中でたびたび登場した神社は、「三柱神社」がロケ地になりました。

ほぼ全編にわたり松本市でロケが行われている本作では珍しい、安曇野市での撮影です。

このロケ地の見どころ

三柱神社
引用:八百万の神

「三柱神社」は、室町時代に創建されたとされていて、その名の通り諏訪神、八幡神、新羅三郎義光の3柱の神様を祀っている神社です。

その中の新羅三郎義光は、源義経の子とされる人物でもありますので、ロケ地巡りとしてだけでなく、歴史好きにも見逃せない場所でもあります。

映画では雪が積もる真冬のお祭りのシーンが登場しましたが、本来は9月に例祭が行われています。

例祭は出店が立ち並び、舞台でのお囃子なども行われる大規模なものですので、お祭りに合わせて訪問しても楽しめるかと思います。

もちろん映画で一止たちがお参りしたときのような、厳粛な空気が漂う空間も良いものですので、お好きな時期にロケ地巡りを計画してみてください!

場所・アクセス


「三柱神社」は、最寄り駅であるJR一日市場駅から距離がありますが、周囲にバス停もないため一日市場駅からの徒歩またはタクシー利用がおすすめです。

徒歩の場合は、一日市場駅を出たら正面の道を真っすぐ進み、最初の交差点で右に曲がります。

1kmほど道なりに進んで「二木」交差点で右折すれば、100mで「三柱神社」です。

  • 住所:〒399-8101 長野県安曇野市三郷明盛4868
  • 最寄駅:JR一日市場駅
  • おすすめの行き方:一日市場駅から徒歩
  • 公式サイト:長野県神社庁


1 2