ロケシルおすすめの動画配信サービス11社を紹介

映画「アマルフィ 女神の報酬」のロケ地・撮影地とは?オールイタリアロケの見どころを紹介!

「アマルフィ 女神の報酬」は、2009年にフジテレビ開局50周年記念作品として、オールイタリアロケという壮大なスケールで製作された日本映画です。

映画「アマルフィ 女神の報酬」
引用:映画.com

外交官の黒田がイタリアで日本人少女の誘拐事件に巻き込まれ、事件の解決のためにローマや南イタリアを駆け巡るストーリーです。

タイトルからイタリアのアマルフィが舞台の中心になっているのかと思いきや、実は映画の大半はローマが舞台です。

観光映画としての製作の意図もあったようで、作品中には数々の観光地が登場するため、ストーリーだけでなくイタリアの景色も楽しめる映画になっています。

実際に私も、この映画のタイトルを見てアマルフィを知り、行ってみたいと思うようになりました。

そこで今回は、映画「アマルフィ 女神の報酬」で撮影されたシーンや観光地の見どころ、アクセス方法などを紹介します。

アマルフィ 女神の報酬のロケ地・撮影地1「カピトリーニ美術館」

撮影されたシーン

カピトリーニ美術館で娘を誘拐された紗江子を黒田が助けるシーン
引用:ザテレビジョン

外交官の黒田が巻き込まれることになる日本人少女の誘拐事件は、ローマのカピトリーニ美術館で起こります。

黒田が犯人に電話で少女の父親だと名乗ったことから、身代金の取引に関わっていくこととなります。

このロケ地の見どころ

カピトリーニ美術館のあるカンピドーリオ広場

カピトリーニ美術館はなんと一般公開された世界最古の美術館で、新宮、コンセルヴァトーリ宮博物館、カピトリーナ絵画館の総称です。

コンセルヴァトーリ宮博物館にはローマの歴史を知ることができる数々の銅像コレクションが、カピトリーナ絵画館にはカラバッジョやルーベンスなどの数々の名作が展示されています。

なお、カピトリーニ美術館は、カピトリーノ美術館と表記されることもあり、どちらが正しいかと言うと、どちらも正しいと言えます。

と言うのは、イタリア語でカピトリーノの複数形がカピトリーニで、複数の美術館と博物館の総称なので、複数形になっているというわけです。

場所・アクセス


カピトリーニ美術館は、ローマの中心地にありますが、地下鉄の駅からは少し遠く、地下鉄B線のColosseo駅から徒歩15分ほどです。

ローマにある7つの丘のひとつ、カンピドーリオの丘の上にあり、ローマの街やフォロ・ロマーノが見渡せるスポットもあります。

  • 住所:Piazza del Campidoglio, 1, 00186 Roma RM
  • 営業時間:9:30〜19:30(毎月24日と31日は9:30〜14:00)
  • 休業日:1月1日、5月1日、12月25日
  • 最寄駅:Colosseo駅
  • おすすめの行き方:電車、タクシー
  • 公式サイト:カピトリーニ美術館

アマルフィ 女神の報酬のロケ地・撮影地2「サンタンジェロ城」

撮影されたシーン

黒田と紗江子がサンタンジェロ城のテラスで話すシーン
引用:映画.com

黒田と少女の母親である紗江子が犯人から身代金の取引に指定されて向かったのが、このサンタンジェロ城でした。

サンタンジェロ城の前のサンタンジェロ橋、城内の階段、屋上のテラスなどで撮影されました。

このロケ地の見どころ

サンタンジェロ城

サンタンジェロ城は内部が博物館として公開されていますので、実際に中に入ることができます。

また、映画にも映っていた屋上のテラスからは、ローマの絶景を望むことができます。

場所・アクセス


サンタンジェロ城は、地下鉄の駅からは少し遠く、地下鉄A線Lepanto駅またはOttaviano駅のいずれからも徒歩15分ほどです。

映画にも少しだけ映るヴァチカン市国のサン・ピエトロ寺院も近くにあり、徒歩15分ほどなのでぜひあわせて行ってみてください。

  • 住所:Lungotevere Castello, 50, 00193 Roma RM
  • 営業時間:9:00〜19:30
  • 最寄駅:Lepanto駅、Ottaviano駅
  • おすすめの行き方:電車、タクシー
  • 公式サイト:サンタンジェロ城

アマルフィ 女神の報酬のロケ地・撮影地3「スペイン広場」

撮影されたシーン

サンタンジェロ城の次に犯人から指定されてふたりが向かったのが、スペイン広場でした。

しかし、ここで紗江子がひったくりにあい、鞄の中身が飛び散ってしまったことで、身代金を持っていなかったことが犯人にバレてしまいます。

このロケ地の見どころ

スペイン広場

スペイン広場は、映画「ローマの休日」にも登場しましたし、ローマが舞台となる映画では必ずと言っていいほど登場する、ローマの代表的な観光スポットです。

映画「ローマの休日」のロケ地・撮影地とは?ローマ市内10か所をまとめて紹介

観光客にも地元の人にも愛されるスペイン広場はいつも人でいっぱいですが、早朝などに行くと普段より人の少ないスペイン広場を見ることができます。

ちなみにスペイン階段は130段以上あり、スペイン階段を駆け上るシーンはなかなか大変だったのではないかと思います。

場所・アクセス


スペイン広場は、地下鉄A線Spagna駅を出てすぐのところにあります。

地下鉄の駅を出るとスペイン階段上のトリニタ・ディ・モンティ教会前に出るので、ぜひ丘の上からの景色も、階段の下から見上げた景色も楽しんでくださいね。

  • 住所:Piazza di Spagna, 00187 Roma RM
  • 最寄駅:Spagna駅
  • おすすめの行き方:電車

アマルフィ 女神の報酬のロケ地・撮影地4「アマルフィ」

撮影されたシーン

アマルフィ

犯人からの電話を逆探知し、発信地をアマルフィと特定した黒田たちは、アマルフィへ向かいます。

そしてついに映画のタイトルでもあるアマルフィが登場します!

アマルフィのシーンでは、紗江子が犯人に身代金を渡しに走るシーンで、アマルフィの町の中心にあるドゥオモが映ります。

アマルフィのドゥオモ

また、紗江子の知人がアマルフィのホテルに滞在しているのですが、そのホテルはアマルフィに実在する5つ星ホテル、サンタカテリーナホテルです。

サンタカテリーナホテル

アマルフィの5つ星ホテル、ぜひ泊まってみたいものですね。

このロケ地の見どころ

アマルフィ海岸は世界一美しい海岸とも言われています。

海岸沿いには、断崖絶壁にカラフルな家が建ち並ぶかわいらしい町が多数点在しており、アマルフィはその中でも観光の拠点となる町です。

今回映画の中ではアマルフィの他、ラヴェッロやポジターノといった町がひとつの「アマルフィ」という場所として登場します。

場所・アクセス


アマルフィに行くには、ナポリ近くのサレルノかソレントという町からバスまたはフェリーで向かう方法があります。

バスの場合は海岸沿いの曲がりくねった道を通るため、かなり揺れて車酔いしやすいと聞きますし、フェリーの方が所要時間も短いので、個人的にはフェリーがおすすめです。

更に、フェリーの場合は美しい海岸沿いの景色を眺めながら向かうことができます。

  • 住所:アマルフィ 〒84011 サレルノ
  • おすすめの行き方:バス、フェリー
1 2