ロケシルおすすめの動画配信サービス11社を紹介

映画「ミッドナイトインパリ」のロケ地・撮影地はどこ?パリの隠れた名所が満載!

「ミッドナイトインパリ」は、パリを舞台にしたウディ・アレン監督によるラブコメディです。

映画「ミッドナイトインパリ」
(C)2011 Mediaproduccion, S.L.U., Versatil Cinema, S.L. and Gravier Productions, Inc.

ハリウッドの売れっ子脚本家として活躍するギル(オーウェン・ウィルソン)は、婚約者のイネズとその両親とともに、フランス・パリへ旅行に訪れます。

パリの美しい街並みの虜となったギルは、アメリカからパリへの移住を望むようになります。

しかしイネズはアメリカでの暮らしを望んでおり、その意見の不一致をきっかけに、2人の間にはあらゆるギャップが生じ始めます。

そんなある時、偶然ギルの目の前に「時空を超える車」が通りかかり、ギルをさらなるパリの魅力に誘うこととなる…というファンタジックなストーリーです。

ヘミングウェイやフィッツジェラルドなど、かつての偉人達もキーパーソンとして登場し、パリの美しさだけでなく様々な芸術にも触れることができる作品です。

そこで今回は、ギルを魅了した美しいパリの撮影地をご紹介します!

ミッドナイトインパリのロケ地・撮影地1「サンテティエンヌ・デュ・モン教会」

撮影されたシーン


パリの土地勘のないギルがたまたま通りかかり、0時に現れる「時空を超える車」と出会う場所は、「サンテティエンヌ・デュ・モン教会」の前です。

このロケ地の見どころ

ゴシック様式とルネッサンス様式が融合されたこの教会は、1626年に建てられました。

白を基調とした石の建築とステンドグラスのコントラストが印象的です。

内部の構造も一般的なの教会と比べて個性的で、とても見ごたえがあります。

サンテティエンヌ・デュ・モン教会の中の様子

場所・アクセス


サンテティエンヌ・デュ・モン教会はパリ5区に位置し、メトロパリ・10号線の「カルディナル・ルモワヌ駅」下車後、徒歩5分ほどで辿り着きます。

年中無休ですが、曜日によって営業時間が異なるため、事前に訪れる際のスケジュールを決めておくことをおすすめします。

また、近くにはパンテオンもありますので、ぜひ一緒に訪れてみてください。

パリのパンテオン
  • 住所:Place Sainte-Geneviève, 75005 Paris, フランス
  • 営業時間
    • 月曜日:12:00-19:30
    • 火曜日~金曜日:8:45-12:00、14:00-19:30
    • 土曜日:8:45-12:00、14:00-19:45
    • 日曜日:8:45-12:15、14:30-19:45
  • 最寄駅:Cardinal Lemoine駅
  • おすすめの行き方:電車
  • 公式サイト:サンテティエンヌ・デュ・モン教会

ミッドナイトインパリのロケ地・撮影地2「ル・ブリストル・パリ」

撮影されたシーン

ギルとイネズが宿泊したホテル

パリ滞在中に2人が滞在していたホテルは、「ル・ブリストル・パリ」というホテルです。

劇中では、このホテルの部屋の中で過ごすシーンが何度か登場します。

このロケ地の見どころ

「ル・ブリストル・パリ」ロビー

ル・ブリストル・パリは1952年創業の歴史あるホテルで、ロビーや客室・外観などすべて白が基調となっており、明るく開放的な雰囲気です。

5つ星のラグジュアリーホテルですので、特別なホテル滞在をされたい方には特におすすめです。

また、ホテル周辺は閑静でありながら、パリで人気のショッピング街である「シャンゼリゼ通り」や、観光名所である「凱旋門」までも徒歩10分ほどで行くことができます。

ぜひ一度このホテルに宿泊して贅沢な観光を楽しみたいですよね。

場所・アクセス


ル・ブリストル・パリは、パリの8区に位置しています。

フランスの二大空港である「シャルル・ド・ゴール空港」「オルリー空港」いずれからも、車で30分~40分ほどの距離にあります。

メトロパリ・9号線または13号線「ミロメニル駅」から徒歩約3分と駅からも近く、フランスの中心部であるオペラ座界隈へも同じくメトロで5分ほどで到着できるため、観光にも便利な立地です。

  • 住所:112 Rue du Faubourg Saint-Honoré, 75008 Paris, フランス
  • 最寄駅:Miromesnil駅
  • おすすめの行き方:電車
  • 公式サイト:ル・ブリストル・パリ

ミッドナイトインパリのロケ地・撮影地3「ポリドール」

撮影されたシーン


ギルが初めてヘミングウェイと出会うレストランは、「Le Polidor(ポリドール)」という名のレストランです。

劇中では外観・内装・店名もそのまま使用されています。

このロケ地の見どころ

こちらのお店は、なんとヘミングウェイが実際に生前通っていたレストランです!

1845年から外観・内装もほとんどが当時のまま営業されているため、店に入ると一気にタイムスリップしたような感覚が味わえます。

ポリドールの内観

メニューは昔ながらのフランスの家庭料理が多く、日本でいう定食屋のようなイメージです。

比較的リーズナブルで観光客でも気軽に訪れやすいので、ぜひ訪れてみてください。

場所・アクセス


ポリドールはパリ6区に位置し、メトロパリ・4号線または10号線「オデオン駅」から徒歩4分ほどの距離です。

一つ目のロケ地として紹介した、サンテティエンヌ・デュ・モン教会も比較的近く、徒歩で行ける距離ですので、あわせて立ち寄るといいかもしれません!

  • 住所:41 Rue Monsieur le Prince, 75006 Paris, フランス
  • 営業時間:12:00〜15:00、19:00〜24:00
  • 最寄駅:Odéon駅
  • おすすめの行き方:電車
  • 公式サイト:Le Polidor

ミッドナイトインパリのロケ地・撮影地4「シェイクスピア・アンド・カンパニー書店」

撮影されたシーン


ギルが通っていた本屋は「シェイクスピア・アンド・カンパニー」です。

このロケ地の見どころ

パリにある本屋ですが、英語本やアメリカ文学の本がメインで取り扱われています。

というのもこちらの本屋は、先ほどのポリドール同様にアメリカからやってきたシェイクスピアが通っていたため、パリでのアメリカ文学発祥の地となっているからです。

シェイクスピア・アンド・カンパニー書店の店内風景

英語本やアメリカ文学の本に興味がある人はぜひ訪れてみてください。

また、店内には英語文学の図書館が併設されていますので、レンタルして近くの公園で読書をして過ごすのも良さそうですね!

場所・アクセス


シェイクスピア・アンド・カンパニーはパリ5区に位置し、メトロパリ・RER B線およびC線「サン・ミッシェル・ノートルダム駅」より徒歩2分ほどです。

年中無休で、カフェも併設されています。

近くのセーヌ河沿いには公園や様々な飲食店も立ち並んでいますので、ぜひお散歩に立ち寄ってみてください。

  • 住所:37 Rue de la Bûcherie, 75005 Paris, フランス
  • 営業時間
    • 書店:12:00〜18:00
    • カフェ:15:00〜17:00(テイクアウトのみ)
  • 最寄駅:Saint-Michel Notre-Dame駅
  • おすすめの行き方:電車
  • 公式サイト:シェイクスピア・アンド・カンパニー

ミッドナイトインパリをご覧になりたい方へ

※時期によっては上記のサイトで配信されていない場合がありますのでご注意ください

ミッドナイトインパリのロケ地・撮影地についてのまとめ


ミッドナイトインパリの撮影地は、ギルがタイムスリップするヘミングウェイら1980年代から続くような、歴史ある名所が多くあります。

そのためこの映画のロケ地巡りをすることで、パリの芸術や文化にも触れることができるのではないでしょうか?

ギルのように、パリの持つ魅力の虜になってしまうかもしれませんね。